キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ノラのボクが、家ネコになるまで
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ノラのボクが、家ネコになるまで

  • 児童書
作: ヤスミン・スロヴェック
訳: 横山 和江
出版社: 文研出版

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年01月30日
ISBN: 9784580823006

小学中級から
112ページ A5判

出版社からの紹介

ボクってさいこう!気ままなノラネコぐらしだからね!ヒトには、ソクバクされたくない。でもね……

ベストレビュー

素直に愛していると表現してください。

【あらすじ】
ネコの僕は、気ままなノラ猫生活を楽しんでいる。猫であることの魅力や能力を総動員してパスタ屋の主人からご飯をもらったり、保護センターの職員から逃げたり、毎日がちょっとした冒険だ。
そんなある日、一人の少女の家に迷い込み、家ネコとしての生活が始まってしまう。そのうちこの家から出ていくと思っていたが…
ネコの習性を知り尽くした作者が描く絵本とエッセイの間のような、お話。

【感想】
作者自身のネコ好きぶりが伝わってくる。私も猫を飼っていたが、本当に、猫というのは賢くて、かわいくて、ズルくて、気まま。自分が可愛がられていて、飼い主が何をやったら喜ぶかよく知っている。猫を飼っているというよりも、猫に飼われているというか、踊らされているというか…そんな、思い出を彷彿とさせる作品でした。

主人公の猫は、いつの間にかその辺にいたような、猫。彼の(彼女の?オスのような気がしたけど、どっちだろう?)過去についてはよくわからない。見た目はドラネコで、生活力があるタイプ。愛想は良くない。ただし、エサをもらう時は別。現実主義で、世の中を斜めから見ているところがある。
もしこれが人間だったら、全然かわいくない感じなのだが、どういうわけか猫だとかわいく感じてしまう。こういう症状のある人は、立派な猫中毒で、猫依存症なので、ご注意ください。
外国の人が描く猫というのは、いろんなタイプがある。いかにも「外国」「異文化」という猫もあるけど、この人の描く猫は、なんだか日本のネコっぽい。親近感が持てる。漫画のような、コミックエッセイのような、絵本のような、不思議な感じの本で、どれにも分類できない感じが、この主人公の猫の生き方と重なる気がする。
こんな風に、生活力を発揮して、たくましく生き抜いてやろうと、思いました。
(恵里生(えりお)さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


横山 和江さんのその他の作品

とびきりおいしいデザート / サラとダックン ゆうえんちにいく! / わたしの心のなか / サラとダックン なにになりたい? / おみまい、おことわり? / おたんじょうび、おことわり?



読み聞かせに最適!見た人に幸せが舞い込むななめねこ

ノラのボクが、家ネコになるまで

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット