まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
いのちのひろがり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いのちのひろがり

  • 絵本
文: 中村 桂子
絵: 松岡 達英
出版社: 福音館書店

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年03月05日
ISBN: 9784834083255

自分で読むなら:小学中学年から
ページ数:40ページ
サイズ:26X20cm

出版社からの紹介

庭にいるアリとわたしたち人間は仲間です。魚も、草や木も、キノコやコケ、細菌も、すべて仲間です。なぜかといえば、地球上にいるすべての生きものたちのはじまりは、もともと38億年前に生まれた、ひとつの細胞だからです。つぎつぎと仲間を生み出しながら、わたしたちへ受けわたされてきた「いのち」の物語を描きます。

ベストレビュー

繋がることの素晴らしさ

月刊しで読みました。今でも「大切に読んでいます。いのちがどのようにつながっていくのか、説明するといっても難しい。これを読んでいると、動物も魚も単体では別の生き物のように見えるけれど、それぞれつながっているんだということがわかります。松岡さんの絵も素晴らしいです。
(もぐもぐもぐもぐさん 30代・ママ 男の子7歳、男の子4歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


中村 桂子さんのその他の作品

リレートーク 言葉の力 人間の力 / 子どもだって哲学(1) いのちってなんだろう / いのち愛づる姫

松岡 達英さんのその他の作品

おじいちゃんの小さかったとき / カエルくんのだいはっけん! / よるになると / いけのおと / さとやまに はるがきた / 山猫たんけん隊


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 生物学 > いのちのひろがり

『おむつのなか、みせてみせて!』10万部突破記念! ヒド・ファン・ヘネヒテンさんインタビュー

いのちのひろがり

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット