新刊
魔女からの手紙

魔女からの手紙(ポプラ社)

カスレちゃんという魔女にとどいた20人の魔女からの手紙。著名な画家陣が魔女のイメージで描いた絵に角野栄子が手紙文をつけた注目の絵本。

話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

ブブのどきどきはいたつや

ブブのどきどきはいたつや

  • 絵本
作・絵: 白土 あつこ
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ブブのどきどきはいたつや」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2017年05月12日
ISBN: 9784865491050

4、5歳から
25×22p  32頁

みどころ

こぶたのブブが道を歩いていると、むこうから大きな花束を抱えたりすのリリさんがやってきました。
お花屋さんのリリさんは、地図にある「のっぽのき」のてっぺんまで花を届けるところでした。
見せてもらった地図のお手紙には
「のっぽのきのてっぺんまで ありったけのおはなをとどけてください。おれいにすばらしいところへごしょうたいします。ぷくぷくより」
と書いてあります。

重そうな花束をもってあげたブブは、リリさんについていってあげることにします。
さあ、遠い「のっぽのき」めざして、しゅっぱーつ!
ずぶずぶぬまでワニに「くっちゃうぞー!」と言われ、うすぐらもりでは子ザルたちに「(出口を)おしえないよー」と意地悪を言われますが、機転がきくリリさんは、うまいことを考えて、その場を乗り切ります。
ブブもがんばって、いいチームワークでついにのっぽのきのてっぺんに花束を届けた2人。
そこで待っていたのは……!?

知恵と勇気でピンチを乗り越える、ハラハラドキドキのお話。
リリさんとブブの頭がいいことに感心しちゃいます。
それにしてもお花を注文した「ぷくぷく」ってだれだったのでしょう?
最後に待っていたのは、最高のピクニックでした!

ぷくぷくさんの、ふかふかおにぎり、ふかふかサンドイッチ、ふかふかケーキのおいしそうなこと!
みんなふかふかぱくぱく。
行ったことのないところへ、地図をたよりに行ってみる冒険も悪くないですね。
白土あつこさんの絵はのびやかで親しみやすく、とっても魅力的です。
読み聞かせにぴったり。親子でわくわく、道のりを想像しながら楽しみたい絵本です。

同じくおいしそうなお弁当が登場する『はらぺこブブのおべんとう』もあわせてどうぞ。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

子ブタのブブが歩いていると、大きな花束をかかえたリスのリリさんがやってきました。リリさんは花屋さん。花束を届けにいくというのです。でも、配達先はとても遠いところ。ブブはいっしょについていってあげることにしましたが、さあ、ちゃんと手伝うことができるかな?

ブブのどきどきはいたつや

ベストレビュー

目的のために一所懸命がんばる姿が素晴らしい。

こぶたのブブが歩いていると、花屋のリリさんが大きな花束を抱えてやってきました。「のっぽの木」まで、大変なところをたくさん通って配達をすると聞いたブブは、ついていってあげることにしますが…。ブブとリリはとても利口です。ふたりで協力して知恵を出し合い、目的地までなんとかして幾多の困難にも立ち向かい花束を届けに行く姿に感動しました。最後に頑張った二人にも素敵なご褒美があって良かったです。

(ぼんぬさん 40代・ママ 女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


白土 あつこさんのその他の作品

わくわく!ケーキやさん / ようかいえんのばけくらべ / バブーおうじと7にんのおばけ / ようかいえんのなつまつり / ようかいえんのかいすいよく / ゆきだるまのくに


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > ブブのどきどきはいたつや

【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

ブブのどきどきはいたつや

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット