はやくちことばで おでんもおんせん はやくちことばで おでんもおんせん はやくちことばで おでんもおんせんの試し読みができます!
文: 川北 亮司 絵: 飯野 和好  出版社: くもん出版
おでんたちのやってくる温泉でくり広げられる、ゆかいな早口ことば。声に出して楽しい、爆笑“おでん早口ことば”えほん!
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
せつぶんセブン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

せつぶんセブン

  • 絵本
作: もとした いづみ
絵: ふくだ いわお
出版社: 世界文化社

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「せつぶんセブン」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

子どもたちの楽しみにしている“節分”の意味や由来が、物語を楽しみながら理解できる愉快な絵本。

子どもたちのところへやってきて一緒に豆まきを始めた、謎のヒーロー(?)“せつぶんセブン”。ところがそこへ本物の青オニが現れて・・・。『たなばたセブン』『おしょうがつセブン』に続く、人気の“行事ヒーロー”シリーズ第3弾!

ベストレビュー

節分前に、楽しめそうです

宮西 達也 氏の作品
「おとうさんは、ウルトラマン」とか
に、似てるのかしら???

これは行事のシリーズになっているんですね!?
知りませんでした

ふくだいわお氏の絵も見慣れているからでしょうか
違和感なく
せつぶんセブンは、ヒーローではなく
トラ模様のアンダーシャツ!?がなんともステキです
一生懸命で
おっちょこちょい?
そこがいいんでしょうね
こどもに豆をぶつけられるは
一緒に作業してるは
青鬼の盾にされてるは(笑

教え込むのではなく
おはなしの中で自然に
豆まき
豆を炒る
福の神
豆は年の数をいただく 等
覚える感じです

来年のおはなし会で読んでみようかな
って、もう来年の話!?って鬼が笑っちゃうか
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


もとした いづみさんのその他の作品

ドーナツやさんのおてつだい / うめちゃんとたらこちゃん / レモンパイはメレンゲの彼方へ / おむかえまだかな / すっぽんぽんのすけ ひかる石のひみつ / キャンディーがとけるまで

ふくだ いわおさんのその他の作品

いっしょにうんち / にゃんにゃんべんとう / たなばたセブン / 金魚のひなこさん / いらっしゃいませ / にぎやかなさんぽ



切なくてあたたかい、小さな気持ち<br>『わすれもの』豊福まきこさんインタビュー

せつぶんセブン

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット