もったいないばあさん かわを ゆく もったいないばあさん かわを ゆく
作・絵: 真珠 まりこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
川を舞台に、水の循環、命のつながりをテーマにした絵本です。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
楽しい川辺
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

楽しい川辺

  • 絵本
作: ケネス・グレアム
絵: ロバート・イングペン
訳: 杉田 七重
出版社: 西村書店 西村書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年04月11日
ISBN: 9784890139804

A4変型判・上製・226ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

100年以上愛されてきた
イギリスの自然ファンタジーの名作が
待望のカラー新訳・豪華愛蔵版で登場!

豊かな自然に暮らす、ゆかいな動物たちの冒険!

春の大掃除を放り出し、外に飛び出していったモグラは、
川辺を愛する川ネズミや、ぶっきらぼうだけれど優しいアナグマ、
うぬぼれ屋のヒキガエルに出会って、次から次へと心おどる冒険に乗り出していきます。
何をしでかすかわからないヒキガエルのせいで、
仲間はとんだ騒動に巻き込まれますが、本人はなんのその。
箱馬車をひっくり返され、自動車を盗んで投獄され、恐れを知らず脱走した挙句、
屋敷を乗っ取ろうとするイタチどもに、仲間と一丸となって戦いをいどみます。
イギリス児童文学史上、最も愛され、読み継がれてきた永遠の名作。
1908年に刊行されてから100年、
ケネス・グレアムの素晴らしい想像力と穏やかなユーモアは、
子どもも大人も等しく魅力し続けてきました。
本書は、国際アンデルセン賞をはじめ数々の賞に輝いた画家、
ロバート・イングペンの美しい挿し絵入りで、全編新訳のカラー豪華愛蔵版です。
(小学校5年生以上の漢字にルビ付)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ケネス・グレアムさんのその他の作品

のんきなりゅう / おさわがせなバーティくん / 講談社青い鳥文庫 川べにそよ風

ロバート・イングペンさんのその他の作品

すばらしいオズの魔法使い / 鏡の国のアリス / 不思議の国のアリス / リアさんって人、とっても愉快! エドワード・リア ナンセンス詩の世界 / 聖ニコラスがやってくる! / アンデルセンの絵本 みにくいあひるの子

杉田 七重さんのその他の作品

イマジナリーフレンドと / トンネルの向こうに / 変化球男子 / レモンの図書室 A Library of Lemons / ぼくらの原っぱ森 / 青空のかけら



寝ちゃうなんてもったいない!? 『ねたあとゆうえんち』大串ゆうじさんインタビュー

楽しい川辺

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット