もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
これ あな
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

これ あな

  • 絵本
作・絵: みやにし たつや
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年04月15日
ISBN: 9784790253327

2〜3歳児
22.6×21.3p 24ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

ページをめくると、画面いっぱいにクローズアップされた穴の数々。
穴の中には何やら触覚らしきものが見え隠れ。
子供たちは、わずかなヒントを手がかりに何の穴かな?と頭を捻らすことでしょう。

次のページで正解が明かされます。
「ブーンブーンブーン」
ミツバチの巣穴!

次のページの絵で正解を描いていますが、あえて文字では正解を伝えません。

お次は、茶色い山に大きな穴。一体何の穴なのでしょう?
「ドッカーン!ドドドド」
火山の穴でした。
読んでる大人も登場する穴のスケールの大きさに「なるほど!これも穴だった!」とうなずきます。

そうなのです。ひとくちに「穴」と言っても、この世には多種多様な「穴」が存在するのです。
そのことのおもしろさを伝えてくれる、深い絵本です。

50円玉にもクジラの背中にも、私たちの鼻にも穴があるけれど、それぞれ全く違う機能を持ち、それぞれがなくてはならない「穴」です。

そんな穴がなぜ必要なのか、あえて答えを文字にしていない絵本だからこそ、子どもたちがさらに疑問や想像を膨らます余地がある絵本になっています。

(福田亜紀子  元絵本編集者)

出版社からの紹介

これあな。なんのあな? ブーンブーンブーン ミツバチの巣穴… 小さな穴、大きな穴、いろいろなところにいろいろな穴。穴の中はどうなっているの? 穴の中にはなにがいるの? 表紙が穴あきになっています。

ベストレビュー

表紙が穴あきになってました

表紙が穴あきになっていたので、てっきり中身も穴あき絵本だと思って期待してしまいました(笑)。でも、中身も「これ あな なんのあな?」とクイズ形式になっているので、こういう参加型絵本が大好きな孫たちなので一緒に考えてやりたいと思いました。私は、答えがわかっているので、答えるのは遠慮したいと思いました。単純ですが、答えはかなり私には難しかったです(笑)
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


みやにし たつやさんのその他の作品

やきいもとおにぎり / おかあさん ありがとう / Dad Papa Pop おとうさん・パパ・おとうちゃん / どこが ながいか わかる? / だれかなぁ? / Poop うんこ



『おむつのなか、みせてみせて!』10万部突破記念! ヒド・ファン・ヘネヒテンさんインタビュー

これ あな

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット