ぼくのともだちカニやまさん ぼくのともだちカニやまさん ぼくのともだちカニやまさんの試し読みができます!
作・絵: ニシワキタダシ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
サイン本発売中!
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
桃太郎が語る桃太郎
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

桃太郎が語る桃太郎

  • 絵本
絵: 岡村優太
文: クゲユウジ
出版社: 高陵社書店

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「桃太郎が語る桃太郎」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2017年05月08日
ISBN: 9784771110229

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


好評につき第2弾!もしあなたが桃太郎だったら?!


『桃太郎が語る桃太郎』クゲユウさん、岡村優太さんインタビュー


視点を変えて…もしあなたが桃太郎だったら?!

出版社からの紹介

「昔々あるところに…」でおなじみのスタンダードな昔話は決まって3人称、いわゆる「天の声」でえがかれています。3人称から1人称へ。客観から主観へ。

もしあの童話の主人公が自らの口で語ったら。
その額にカメラがついていたら――「1人称童話」はそんな発想のちょっと変わった絵本です。

えがかれるのは、3人称のナレーションでは語られない、主人公の「たとえば」の胸の内。
他者である主人公の視点から物語を体験する1人称童話は「まなざしと気持ちの絵本」といえるのかもしれません。

「もしきみが桃太郎なら?」本の最後には、そんな問いかけが待っています。
この本の大きな楽しみのひとつは読んだ後にあります。お子さま自身が「もし自分なら」を考える。
たとえば旅立つとき、鬼と向き合ったとき、自分ならどんな気持ちになるだろう。
もちろん正解はありません。
物語の中にその身を置いて、そこに現れる「心」や「行動」を自由に想像してみる。
それ自体がお子さまにとって新鮮な体験となることと思います。

まずは「桃太郎」から。以降「シンデレラ」「浦島太郎」へ。
ひとつの物語がお子さまの豊かな滋養となりますように。

桃太郎が語る桃太郎

ベストレビュー

コンセプトがすばらしい

6歳の息子と読みました。
コンセプトがとっても面白い。
俯瞰的ないつもの昔話の桃太郎でなく、「桃太郎」本人の物語。
この本では、昔話より、少し怖がりな桃太郎でした。
「視点」を変えてもろもろ想像しながら本を読むことは、
いろんなことを考えるだけでなく、
日常の生活の上でも、とっても大切だと思います。
他人の気持ちを慮ったり、他の立場を想像してみたり。
そんな意味で、このコンセプトはとてもすばらしい。
息子も、このちょっと怖がりな、等身大の桃太郎に共感していました。
そして、イラスト。
すべて桃太郎の目からみたものなんですね。

このシリーズ、ほかのものも読んでみたいです。
(トゥリーハウスさん 40代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


クゲユウジさんのその他の作品

浦島太郎が語る浦島太郎 / シンデレラが語るシンデレラ



お子さんと一緒にお鼻のしくみを考えてみませんか?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット