宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
はまべでひろったよ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はまべでひろったよ

  • 絵本
写真: 岩間 史朗
監修: 池田 等
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

在庫あり

消費税法改正に関するお知らせ
月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年06月16日
ISBN: 9784865491104

3、4歳から
21×24p  28頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

浜辺には、貝殻や木の実、砂に削られたガラス片、ペットボトルなど、さまざまなものが漂着します。本書では、砂浜で拾い集めたものを写真で紹介。それらがどこからやってきたのか、もともとどういう物だったのか、どうしてこんな形になったのか…、などを解き明かしていきます。
漂着物を観察していると、自然だけでなく、社会や文化、地球環境にまで思いが及ぶ、海に行く機会の多い夏におすすめの科学絵本です。

ベストレビュー

夏に読みたい絵本。

我が家は転勤で今の地に来てからは,海にも比較的苦なく行ける距離なので,この写真絵本は子供にも体験できるもので身近に感じられるものでした。
海辺にある貝や石,削られていたりもあって自然の魅力を感じますね。
どこから来たのかな〜なんていう想いにもなりますね。
夏に読みたい絵本でもありました!
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


岩間 史朗さんのその他の作品

おちばであそぼう / ぜんぶわかる! タンポポ / おこめができた! / みかんのひみつ / やさいは いきている / わたしのもみじ

池田 等さんのその他の作品

貝の図鑑&採集ガイド / ふしぎコレクション (1) 浜辺のコレクション



『100円たんけん』<br>岡本よしろうさんインタビュー

はまべでひろったよ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット