もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
キツネとねがいごと
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

キツネとねがいごと

  • 絵本
訳: カトリーン・シェーラー 松永 美穂
出版社: 西村書店 西村書店の特集ページがあります!

在庫あり

ゴールデンウィークも配送実施
月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2017年04月
ISBN: 9784890139798

B4変型判・上製・36ページ

この作品が含まれるテーマ

関連するスペシャルコンテンツ


【結果発表】「いのち」の意味を考えさせてくれる絵本

出版社からの紹介

死ぬことがなければ、ずっとずっと幸せでいられるの?

ある日、年老いたキツネは、わなで捕まえたイタチに、
「自分のリンゴの木にのぼったものは、そこにくっついてしまう」という魔法をかけてもらいます。
自分を迎えにきた死神までもその木にくっつけてしまうことで永遠の命を手に入れたキツネは、
幸せな日々を過ごします。
でも、やがてキツネのおくさんが死に、友達も子どもも孫もいなくなり……。
命に限りがあることの意味を考えさせられる1冊。

キツネとねがいごと

ベストレビュー

読後に子供と「生死」について話し合える種をまいてくれる物語

キツネの人生をなぞるように追いかけながら、読者はキツネと共に歳をとっていくような体験ができるストーリーです。

シーンが細かく描写されているので、イマジネーションが広がりやすく、キツネの気持ちをくみ取りながら、ページをめくる度に自分の人生とキツネが置かれた状況を照らし合わせてしまうことでしょう。

「人を騙してまで自分の欲しいものを手に入れたい」という欲望、「歳を取ると弱い立場になる」という逃げることができない現実、「悪い噂は一瞬で広まる」という人生の教訓、また、苦労と幸せの繰り返しを通して「人生のアップ&ダウン」を描いたり、「終わりよければ全てよし」のように、最後の最後には自分の「敵」とも和解してからこの世を去る場面など、とても生身の人間らしい、実際に人生で起こりうるエピソードが盛り込まれているのも面白いポイントです。

更に、重要なメッセージのひとつである、「一人ぼっちで生きていても不幸だ。どうして人間はいつか死を迎えるのか?」について、読んだ後に子供と話し合える種をまいてくれるストーリーでもあります。

物語の終盤、老いて弱くなったキツネは、一人ぼっちで寂しくなったからこの世を去る決心をしたようにもうかがえます。しかし、「一人ぼっちで生きることは怖い・不幸せだ」というメッセージではなく、その恐怖の裏にある「人生は愛する人と一緒に過ごしてこそ楽しく、意味のあるものなのだ」ということを子供たちに伝えたいですね。
(YA2017さん 20代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


カトリーン・シェーラーさんのその他の作品

こわい、こわい、こわい? しりたがりネズミのおはなし / ヨハンナの電車のたび / としょかんのよる / ミアは おおきなものが すき! / とかいのねずみといなかのねずみ / ちょっとまって、きつねさん!

松永 美穂さんのその他の作品

たいこたたきの少年 / 10歳までに読みたい世界名作(9) アルプスの少女ハイジ 思いやりの心が起こした奇跡 / 母さんがこわれた夏 / リスと青い星からのおきゃくさん / マルカの長い旅 / リスとはるの森



祝! 10周年記念! 「ばけたくん」シリーズ<br>岩田明子さんインタビュー

キツネとねがいごと

みんなの声(36人)

絵本の評価(4.49

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット