新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
とんで とんで サンフランシスコ

とんで とんで サンフランシスコ

  • 絵本
作・絵: ドン・フリーマン
訳: 山下 明生
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2005年08月
ISBN: 9784776401353


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

うるわしの街、サンフランシスコ。霧と花とケーブルカーとかずかずの塔で名高い、サンフランシスコ。この街にすむハトのシッドは、ちょっと変わったところに巣をつくりました。それは、ビルの屋上にある看板のBの文字のところで……。美しい町並みを背景にした、心あたたまる物語。1958年コールデコット賞オナーブック。

ベストレビュー

透明感のある爽やかな絵と心温まるお話です

ビルの屋上にある「B」という看板に住む雄バトのシッド。
他のハトがバカにする中で、シッドに理解を示す雌ハトのミッジと暮らすようになったのですが、ビルの解体工事で看板は下ろされてしまいました。
「B」の看板には2個の卵とそれを守ろうとするミッジ。
サンフランシスコの情景を背景に心温まるドラマが展開されます。
愛妻を探しまわるシッド、いつもハトたちに餌をくれているハイ・リーさんの救いの手、そして再会…。
みごとに完成された作品です。
透明感のある絵がこのドラマに爽やかさを与えてくれます。

なぜ「B」なのかと思ったのですが、「BAY HOTEL」の「B」です。
サンフランシスコ湾の情景に対するフリーマンの愛着を感じました。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ドン・フリーマンさんのその他の作品

やぎのグッドウィン / ハロウィーンのまじょティリー うちゅうへいく / ドングリさがして / ダッシュだ、フラッシュ! / 門ばんネズミのノーマン / オペラハウスのなかまたち

山下 明生さんのその他の作品

どうだ いかすだろ! / ダッテちゃん / タヌキのきょうしつ / ハリネズミ・チコ(5) パピヨン号でフランス運河を / すきです ゴリラ / ハリネズミ・チコ(4) スターライト号でアドリア海へ


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > とんで とんで サンフランシスコ

4月の新刊&オススメ絵本情報

とんで とんで サンフランシスコ

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット