まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
創作児童読物 ケータイくんとフジワラさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

創作児童読物 ケータイくんとフジワラさん

  • 児童書
著: 市川 宣子
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

消費税法改正に関するお知らせ
月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,250 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年04月26日
ISBN: 9784092897540

8歳〜12歳
A5判・128P

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

朝読に! ケータイくんが運ぶほっこり物語

小学館児童出版文化賞受賞作家の児童よみもの。ガラケー電話ケータイくんが、ひとり暮らしのおじいさんフジワラさんの家にやってきた。ケータイくんがなるたびに家がにぎやかに。そんなある日フジワラさんに危機が!

「古いものを大事に使うと、いいことが起きるんです!」

最新のケータイ電話たちがつぎつぎ売れていく電器屋さん。
でも古いガラケー電話のケータイくんは、
もう一年も売れのこっています。
そんなある日、ひとりのおじいさんフジワラさんがやってきて・・・・・。

携帯ストラップのかわいいお人形「りこじい」も登場して、
笑いあり、事件あり、ほっこりありの心あたたまるストーリー。

小学館児童出版文化賞(『ケイゾウさんは四月がきらいです。』)、
野間児童文芸賞(『きのうの夜、おとうさんがおそく帰った、そのわけは・・・・・』)受賞の
実力派作家・市川宣子さんの最新作です。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


市川 宣子さんのその他の作品

うみがめのあかちゃん / ケイゾウさんの春・夏・秋・冬 / ランドセル名作 3つのごちそう /ヘンゼルとグレーテル きつねとつる ころころパン / くじらのくじらん / きょうりゅうがすわっていた / みんなのおばけ小学校



『100円たんけん』<br>岡本よしろうさんインタビュー

創作児童読物 ケータイくんとフジワラさん

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット