アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ええたま いっちょう!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ええたま いっちょう!

  • 絵本
作: くすのき しげのり
絵: 吉田 尚令
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2017年04月22日
ISBN: 9784265081509

5歳から小学校低学年
A4変型判・32ページ

みどころ

学校帰り、ランドセルを背負って眉をよせて歩く男の子の横顔。
「きょうもせんせいにおこられた。
もうっ!
あのけんかは、ぼくだけが
わるいのとちがうのに。」

足元に、泥だらけのボールが落ちていることにぼくは気づきます。
近くで歩く、小さな子の手をひくお母さんは「あんなきたないボール、さわったらあかんよ」と言っています。
ぼくはボールを思いきり蹴飛ばしました。

でもぼくは、いつか道でお父さんと財布をひろって交番に届けたことを思い出し、蹴飛ばしたボールを探します。
ボールを手に、
「こんなボール、こうばんにとどけてもしかたないやろか」
迷い、考え考え歩いて、いつのまにか交番の前に来ていたぼく。
ドキドキしながらボールを差し出したぼくに、おまわりさんは……?

信頼できる大人に出会った子どもの心の成長を描く絵本。
絵本の中の「ぼく」には、今、お父さんがいません。
なぜなのかは絵本の中で描かれていません。
でも、友だちとけんかをした原因は、お父さんのことを言われたから。
ボールを蹴飛ばしたのは、もやもやした気持ちがあったから。
そんな心の中の思いを、受け止めてくれたのは、交番のおまわりさんでした。

「きみは、ええ子や!」
そう誰かに言ってもらえることが、子どもにとってどんなに力になるでしょう。
ぼくはおまわりさんとキャッチボールをして「ええたまいっちょう!」と言ってもらいます。
「ナイスボール!」と褒めてもらうこと。
子どもの願いはそれだけなのかもしれません。
吉田尚令さんが描く子どもの表情に心を寄せたくなる一冊です。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

ええたま いっちょう!

ええたま いっちょう!

出版社からの紹介

学校からの帰り道、男の子は泥だらけのボールをひろって、交番へ届けに行った。

若いおまわりさんが、ニコッと笑って落し物を受け取ってくれた。

交番でおまわりさんと話をする中で、男の子は、お父さんが
「落し物は交番に届けるんだ」と教えてくれたことを語ります。

それから、今日は学校で友達とけんかになったことも。

交番の隣で、男の子はおまわりさんとキャッチボールを始めます。
「おっ、『ええたま いっちょう』や」
「それ、どういう意味?」
「『ナイスボール』って言うことや」

信頼できる大人に出会った子どもの心の成長を描いた、感動の絵本。

<くすのきしげのり先生より>
若いおまわりさんとのキャッチボール。
心のキャッチボールでもあったそれは、「ぼく」にとって、とても大切な時間となりました。

「どんな けいさつかんに なりたいんや?」
おまわりさんの問いかけに、「ぼく」は答えます。
「おまわりさんのような けいさつかんや!!」

「お父さんのような人になりたい」
「お母さんのような人になりたい」
「先生のような人になりたい」 
みなさんは、「〜のような人になりたい」と思ったことはありますか。

「〜のような人になりたい」と思うこと、それは、生き方への共感であり憧れです。
自分のまわりに、そう思える人がいることは、子どもたちにとっても、そしてもちろん大人にとっても、すてきなことですね。

くすのき しげのり

ベストレビュー

心のキャッチボール

少年になぜ父親がいないのか不明ですが、その父親に言われた言葉を大切にしている姿は素晴らしいと思います。
学校でのケンカの理由が、父親のことを笑われたからというのも気になるところです。
母子家庭の少年と、同じ境遇から警察官になった若者のキャッチボールは、グラブがボールで音をたてる毎に、心が開放されていくような心地よさを感じさせました。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


くすのき しげのりさんのその他の作品

海の見える丘 〜 あなたの未来へ贈る5つの物語 〜 / はだかのおうじさま / ぼくはなきました / あーん! はがぬけない / おさがり / いまから ともだち

吉田 尚令さんのその他の作品

はるとあき / 雨ふる本屋と雨もりの森 / 漢字はうたう / 星につたえて / ヘンゼルとグレーテル / わたしおべんきょうするの



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

ええたま いっちょう!

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット