話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
転んでも、大丈夫 ぼくが義足を作る理由

転んでも、大丈夫 ぼくが義足を作る理由

  • 児童書
作: 臼井 二美男
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,320

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2016年08月
ISBN: 9784591150726

小学校高学年
19.5cm x 13.5cm/190ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

スポーツ義足づくりの第一人者であり、テレビ、新聞各紙などメディアで多数紹介されている臼井二美男氏による初の著書。

ベストレビュー

親子で読みました

2017年度の高学年向けの課題図書として紹介されている中で、興味を持った一冊です。

義肢装具士という仕事をされている臼井さんに密着したノンフィクションで子どもだけではなく大人にも為になる内容でした。
お話は、小学生に向けてわかりやすい言葉で書かれてありますし、臼井さんのエピソードに登場する方々のメッセージも載っていて読みやすいと思います。

表紙にも登場しますが、その中でも自分の子どもと同じ年代である小学生の柚稀君の義足を装着し、挑戦する24時間テレビでの100メートルを走り切るというエピソードが心に残ります。

足がないという不自由さを残された他の機能で精一杯補うという気持ちになるまで・・きっとたくさんの時間があったはずです。
そのつらさは到底計り知れませんが、
夢はアスリートと語るくらいにまぶしい笑顔で走る柚稀君の写真は、何度見ても勇気をもらいます。

きっとご両親にとっても・・柚稀君のその言葉は嬉しい言葉だろうなと思います。

臼井さんのされている義肢装具士という仕事を知る機会もこれまであまりなく、とても良い内容でした。

義足づくりを通して・・少しでも明るい未来をと希望をもってこつこつと作られている臼井さんを心から応援したい気持ちになりました。
(Pocketさん 40代・ママ 女の子14歳、男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ



絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 日本文学、評論、随筆、その他 > 転んでも、大丈夫 ぼくが義足を作る理由

「Z会グレードアップ カードとえほん」監修首藤久義さんインタビュー

転んでも、大丈夫 ぼくが義足を作る理由

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット