新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
新刊
あなたがだいすき

あなたがだいすき(ポプラ社)

大切な人を想う気持ちが、あたたかいイラストと優しい文章で伝わる絵本。愛すること、愛されることの素晴らしさを感じます。

  • ためしよみ
犬が来る病院 命に向き合う子どもたちが教えてくれたこと

犬が来る病院 命に向き合う子どもたちが教えてくれたこと

  • 児童書
著: 大塚 敦子
装画: 酒井 駒子
出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

クリスマス配送につきまして

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2016年11月30日
ISBN: 9784041035085

四六判

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

聖路加国際病院は、日本で初めて小児病棟にセラピー犬の訪問を受け入れた医療機関です。本書は、著者がそこにおよそ3年半にわたり取材した中で、出会った四人の忘れがたい子どもたちの生死を通して描いた感動のノンフィクションです。四人のうち二人は生還できましたが、二人は幼くして世を去りました。亡くなった子どもたちは、短い人生の最後の日々をどう生きたのか。また、退院した子どもたちは、小児病棟での日々から自分の人生に、どのような影響を受け今を生きているのか。入院中であっても、子どもたちが豊かな時間を過ごし、困難を乗り越えていけるように、医師や看護師、保育士、心理士、チャプレン(病院等で働く牧師)など数多くのスタッフたちで行われる取り組みについて、四人の子どもたちを通して描いた感動の記録。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


大塚 敦子さんのその他の作品

シリアで猫を救う / ギヴ・ミー・ア・チャンス 犬と少年の再出発 / いつか帰りたいぼくのふるさと / こどもにやさしい病院 わたしはチャイルド・ライフ・スペシャリスト / わたしの病院、犬がくるの / 地雷のない世界へ−はたらく地雷探知犬

酒井 駒子さんのその他の作品

梨の子ペリーナ イタリアのむかしばなし / もうひとつの空の飛び方 『枕草子』から『ナルニア国』まで / もうひとつの曲がり角 / ねえさんといもうと / RDGレッドデータガール 氷の靴 ガラスの靴 / 森のノート


絵本ナビホーム > 一般 > 単行本 > 日本文学、評論、随筆、その他 > 犬が来る病院 命に向き合う子どもたちが教えてくれたこと

石川宏千花さん、書店員・兼森理恵さん 対談インタビュー

犬が来る病院 命に向き合う子どもたちが教えてくれたこと

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット