話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

秋は林をぬけて

秋は林をぬけて

  • 絵本
作・絵: 小泉 るみ子
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,540

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「秋は林をぬけて」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2001
ISBN: 9784591069769

5歳〜

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

大地は実りであふれている。父の使いで炭鉱の町まで、野菜を届けることになった少女の秋物語。

ベストレビュー

道産子の郷愁にマッチ

○十年前の、北海道の農村の秋の一日。
小泉るみ子さんは『バスをおりたら』が有名ですが、
四季を描いた他の作品もいいですよ。
林の中の空気の冷たさや馬小屋のにおい、
雪虫が飛び交う頃の空気の感じ、
庭のぶどうや梨の味まで、よみがえりました。
私のように道産子で農家出身なら、
一層の郷愁をもって見ることができるでしょうし、
「内地」の人は、秋の北海道に出かけたくなるかも。
(ちうやかなさん 40代・ママ 男の子11歳、男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


小泉 るみ子さんのその他の作品

富士山のむこう側 / ヘレーじいさんのうた / ありがとうげんきでね / ムカッ やきもちやいた / 出発 から草もようが行く / わらいじぞう



編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

秋は林をぬけて

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.8

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット