話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
ちいさなはなのものがたり
  • ちょっとためしよみ

ちいさなはなのものがたり

  • 児童書
作: 斉藤 洋
絵: 浅倉 田美子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2017年06月20日
ISBN: 9784033137506

小学校低学年から
48ページ

みどころ

「どんな ひとにも エピソードが あるように、
どんな はなにも ものたがりが あります」

そんなひとことではじまる、5つの花にまつわる、5つの物語。

スズランの花が本物の鈴みたいに鳴るって本当? 新月の夜に現れる、ちいさなイタズラものとは――「スズランのひびき」

小島に一輪だけ咲いたタンポポ。「だけど、ひとりぼっちでさびしくないのかな?」タンポポを気にかける犬は、毎日そのもとをたずねますが――「こじまのタンポポ」

この世界にはかつて、バラには白い色しかありませんでした。太陽の神アポロンが、一輪のバラと出会うまでは――「アポロンのあかいバラ」

ひとりの若者と、ひとりの少女。不思議な花かんむりが紡ぐ、恋と約束の物語――「しろつめくさのはなかんむり」

青いハイビスカスを見たことがありますか? かの竜宮に咲く花が、海にもたらす命と色の恵み――「りゅうぐうのハイビスカス」

神話、恋物語、童話――
花にまつわる、すこしふしぎでどこか切ない幻想的なお話をつづる本作。
そして、花を題材にした作品にぴったりの、やわらかくあたたかなイラストが物語を彩ります。

飾っておきたくなるガーリーでかわいらしい表紙。
各お話の最後には、モチーフとなった花の花言葉や花占いも紹介されます。
お花好きな人へのプレゼントにも、きっとよろこばれる一冊です!


(堀井拓馬  小説家)

ちいさなはなのものがたり

出版社からの紹介

どんな ひとにも エピソードが あるように、
どんな はなにも ものがたりが あります。

 「スズランの ひびき」
 「こじまの タンポポ」
 「アポロンの あかい バラ」
 「しろつめくさの はなかんむり」
 「りゅうぐうの ハイビスカス」

あなたのこころに やさしくとどく
5つのはなの ものがたり。

ベストレビュー

1冊に5つのお話。

1冊に、5つの花にまつわる5つのお話が書かれている絵本です。
イラストも女性に好まれそうな優しさと可憐さを感じるイラストで素敵ですね!
花ってやっぱりいいな〜癒されるな〜そんなふうに思える絵本でもありました。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


斉藤 洋さんのその他の作品

ほらふき男爵の大旅行 / おばけずかんの おばけさがし! / まちのおばけずかん マンホールマン / ふみきり かんかんくん きょうは なんの ひ? / おばけずかん アニメえほん(1) / 西遊記(14) 寂の巻

浅倉 田美子さんのその他の作品

なつかしい歌の「ぬり絵」ブック 外国の歌編 / なつかしい歌の「ぬり絵」ブック 心ときめく歌詞とかわいい図柄 / お姫さま大全 100人の物語 / 偕成社文庫 水曜日のクルト / さいでっか見聞録 / 偕成社 新おはなし文庫3年(2) グリム童話三年生


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 日本文学、小説・物語 > ちいさなはなのものがたり

【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

ちいさなはなのものがたり

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット