宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
おべんとうばこのぱっくん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おべんとうばこのぱっくん

  • 絵本
作・絵: ひらのゆきこ
出版社: 教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2017年05月11日
ISBN: 9784774621098

2・3歳から
200mm×200mm    32ページ

出版社からの紹介

おべんとうばこのぱっくんは、お肉しか食べないこ。他のおかずや食べ物たちはがっかり!いろいろ美味しいものたくさんあるのに。。ぱっくんはいろいろバランスよく食べれるようになるかな?

おべんとうばこのぱっくん

ベストレビュー

ぱっくん、食べず嫌いだったんだね!

全頁試し読みで読みました。お弁当箱のぱっくんは、「おにく カモーン!」と、お肉しか食べないお弁当箱です。「お〜い、ぱっくーん、たーべーてー」とフレッシュ野菜たちも追いかけてきますよ。川に落ちて野菜たちに助けられてぱっくんも野菜たちの美味しさに気づいてよかったです。ぱっくんは、食べず嫌いだったんです!偏食のある子が、ぱっくんのように嫌いなものを食べるきっかけになる絵本だと思いました。お弁当の中身は、やっぱり彩りも大切だし、作ってくれる人のことも考えて美味しく残さずに感謝して食べたいなあと思いました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ひらの ゆきこさんのその他の作品

おばけのやだもん だだっこえんにいく / プレゼントを どうぞ! / おたすけおばけ / 紙芝居 おにーとひのたまくん おかしランドにいく / おばけのやだもん / ベビーメロディー ガラガラえほん



「ちいさなエリオット」シリーズ 作者・マイク・クラウトさん 翻訳者・福本友美子さん対談

おべんとうばこのぱっくん

みんなの声(6人)

絵本の評価(3.71

何歳のお子さんに読んだ?

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット