まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
そでふりすずめ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

そでふりすずめ

作: わたり むつこ
絵: ましま せつこ
出版社: 福音館書店

本体価格: ¥362 +税

「そでふりすずめ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1997年

5才〜6才向き
こどものとも 1997年7月号

出版社からの紹介

ある朝、3羽の子すずめのきょうだいは、母さんが目を覚まさなくなってしまったので、どうしたらいいか、もみじもりのふくろうじいに聞きにいくことにしました。生まれて初めて竹林をでた3羽は、ふくろうじいから、七夕の夜、天の川の水をとってきて飲ませれば、母さんは目を覚ますと教えられます。3羽は一生懸命飛ぶ練習をしますが、天の川はとても遠いのです。七夕のファンタジー。(こどものとも496号)

ベストレビュー

七夕の夜の風と水

娘が定期的に持ってきます。
このコンビの絵本は、娘にとって息が長い。

大好きなお母さんのために、てんのみずを求めて空へ空へ。
大白鳥座が助けにきてくれたり、天の川が七夕の夜だけは質感を持った水になったり、きれいな夢ある絵本です。

風や水の音が擬音語で表現されており、文字から私に聞える音を、声にして娘に伝えることが難しくて悔しい。
どんなに機嫌が悪い日でも(笑)気がのらない時でもおろそかにできない文章です。
娘は、すずめのおうちが気になるようで、なにを置いてあるだとか細かなところまで見ています。
(てぃんくてぃんくさん 30代・ママ 女の子5歳)

出版社おすすめ


わたり むつこさんのその他の作品

こうさぎとほしのどうくつ / こうさぎと4ほんのマフラー / ふしぎなエレベーター / ね、こっちむいて / もりのおとぶくろ / てんさらばさらてんさらばさら

ましま せつこさんのその他の作品

「へてか へねかめ」おふろでね / どんどんば しわたれ / くまさん / うめぼしさん / おいしいよ / むくむく もごもご


絵本ナビホーム > > そでふりすずめ

【連載】第1回「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」シリーズ 紅子さんインタビュー

そでふりすずめ

みんなの声(7人)

絵本の評価(3.75

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット