しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
チャーリーとシャーロットときんいろのカナリア
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

チャーリーとシャーロットときんいろのカナリア

  • 絵本
作: チャールズ・キーピング
訳: ふしみ みさを
出版社: ロクリン社

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年04月23日
ISBN: 9784907542443

判型 A4変上

出版社からの紹介

1967年ケイト・グリーナウェイ賞受賞。
叙情的に、そして幻想的な筆致で描かれた、チャールズ・キーピングの代表作。

【あらすじ】
チャーリーとシャーロットはいつも一緒。
ところがある日、シャーロットの住む古いアパートはとり壊され、どこかへ引っ越してしまいました。
さびしいチャーリーは、せめていつも二人でながめていた露店のカナリアを買おうと決心します──
ちいさなカナリアがもたらした、しあわせな奇跡。

チャーリーとシャーロットときんいろのカナリア

チャーリーとシャーロットときんいろのカナリア

ベストレビュー

しあわせを呼ぶカナリア

引っ越しをして会うことが出来なくなったチャーリーとシャーロットの心、変わっていく街並み、そしてこの絵本の象徴でもある金色のカナリアの描き方が、独創的で心に突き刺さってきました。
金色のカナリアは二人を結びつける天使だったのでしょうか。
猫に襲いかかれたときには別の展開を想像させながら、カナリアは大役を果たしました。
親切な鳥やさんも不思議な存在です。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


チャールズ・キーピングさんのその他の作品

アルフィーとせかいのむこうがわ / アルフィーとせかいのむこうがわ / ふるいせんろのかたすみで / たそがれえきのひとびと / まどのむこう / しあわせどおりのカナリヤ

ふしみ みさをさんのその他の作品

みーんな ねちゃった? / コレットのにげたインコ / プールのひは、おなか いたいひ / とびだせ!はなくそ はなくそゆうかいじけん / ワニをつかまえたこざるのおはなし / はなくそ だいピンチ!



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

チャーリーとシャーロットときんいろのカナリア

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット