宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ポレポレ日記 運命のいたずら
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ポレポレ日記 運命のいたずら

作: 倉橋 燿子
絵: 堀泉 インコ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥620 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

 夏の合宿で、蓮と梨捺の間に強い絆があることを思い知った柚は、思いを断ち切ろうとするが、なかなかできずにいた。
 ある日の部活の帰り、柚は、体調を崩した蓮を、家に連れて帰り、看病することに。思いを伝えるチャンスと、はりきったが、蓮のなにげないひとことに打ちのめされる……。ねんざが治ってから、ダンスの楽しさに目覚めた柚は、蓮への思いを振っ切るように、部活に打ち込む。そして、秋の大会に出場する、ギャラクシーの新メンバーが発表になり……。

ベストレビュー

がんばる柚

リナとレンが付き合っている(?)となってもやっぱり好きなものは好きな柚ですね。
リナとレンは実際仲がいいとは思いますが、どうなんでしょう?
リナみたいな子がライバルだと、柚みたいな子にはちょっと荷が重そうです。まあ肝心なのはリナではなくて、レンなわけですが…。
がんばる柚はやっぱりいいですね。
なーんかラスト、気になるところで終わっております。
次巻最終巻!
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子5歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


倉橋 燿子さんのその他の作品

講談社青い鳥文庫 夜カフェ(4) / 小説 聲の形 下 / 小説 聲の形 上 / 夜カフェ(1) / ポレポレ日記(ダイアリー)―わたしの居場所― / ポレポレ日記 それでも大好き

堀泉 インコさんのその他の作品

校内限定彼氏 2 / ポレポレ日記 友だちごっこ / 講談社青い鳥文庫 ポレポレ日記(1) いざ、流星学園へ!



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その9

ポレポレ日記 運命のいたずら

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット