宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
オニのきもだめし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

オニのきもだめし

  • 絵本
作: 岡田 よしたか
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • 無料ラッピングキャンペーン実施中!!

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2017年06月26日
ISBN: 9784097267157

3歳〜12歳
B5判・32P

出版社からの紹介

オニふたりのくら〜い夜道の“きもだめし”

オニにはこわいものはない?いえいえ、オニだってこわいものはこわいのです。『ちくわのわーさん』『うどんのうーやん』などで人気の岡田よしたか氏が描く、こわがりなオニふたりにおこった、こわくておかしな物語。

ある晩、ふたりのオニが夜道を歩いておりました。
そこに、ゆうれいやろくろっくびがあらわれて、オニたちをこわがらせます。やっとのことで家にたどり着いたふたりのオニに起こったおどろきのできごととは!? 
こわがるオニと、次から次へとあらわれるおばけたちのやりとりが軽妙で楽しい“岡田ワールド”全開の絵本です。

オニのきもだめし

オニのきもだめし

ベストレビュー

ゲラゲラ笑える

 こりゃぁ落語みたいなお噺だなぁ。
 
 ビビりの赤オニさんたち、夜道で出くわすおばけや妖怪に
腰をぬかしそうになりながら、一言二言ことばを交わす。
「ユウレイどす」「ほれみてみい、こんなんでるやろ!」やら
「まいどぅ、ガイコツだす」「またでた、またでた、でよったがなぁ」やら
「うごいた、うごいたぁ、はかいしが、いごいたでぇ」・・・。
関西人の、この繰り返しのニュアンス、笑えます(クックック)。

 転げるように我が村に戻ったのに、仲間にボソッと言われます、
「だれや、きみたち」・・・?
ヒェーー!!というオチが、そこで待っていましたよ。

 関西弁、やっぱりいいワぁ、面白いワぁ。
岡田師匠、最高ですやん。
感謝でっせ、おおきに。
(もゆらさん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

岡田 よしたかさんのその他の作品

そうめんソータロー / おにぎりに はいりたいやつ よっといで / さくらもちのさくらこさん / だいこんさん おふろに はいる / すすめ! かいてんずし / おべんとうばこの なかから



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

オニのきもだめし

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.41

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット