もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
紙芝居 ねこの えきちょうさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

紙芝居 ねこの えきちょうさん

作・絵: のしさやか
出版社: 教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,650 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年05月12日
ISBN: 9784774614595

3・4歳から
263mm×375mm   12画面

出版社からの紹介

利用するお客さんがいなくて寂しい『やまのふもと駅』。
ある日駅長さんは、ホームで寒さに震えているこねこを拾います。こねこは優しい駅長さんを喜ばせたくて、かわいいまねきねこダンスを踊りました。それが評判になって…。

いろんな仕事を持っているいぬと違って、働く動物といっても、ねこはどんな役割を担ってくれているのでしょう?
図書館猫、船長猫、そして、この駅長猫。世間で評判になっている猫たちができる仕事って? みんなのんびりゴロゴロのどをならして、まあるく眠っていることでしょう。
でも、きっとどのねこも、その場所を愛し、そこで働く人を愛し、回りのみんなを幸せにしてくれているのでしょうね。
ぜひこの紙芝居を読んで、かわいくて幸福を呼ぶ、駅長猫に会いにいってみてくださいね! 

ベストレビュー

その猫は招き猫でした

テレビなどでも時々話題になる、猫駅長のエピソードの紙芝居です。
絵が可愛く、わかりやすく、また、心あたたまるストーリーです。

小学校の校庭で開催されるイベントで紙芝居屋さんをやり、私自身が鉄道が好きなので、これを読みました。
都心の子どもたちなので、過疎の駅の様子は関心がなさそうでしたが、「ねこでんしゃ」の登場で小さい子たちが盛り上がってくれました。
また、保護者の方、とくにお父さんたちが興味を持って見てくれました。
(みいのさん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


のしさやかさんのその他の作品

おいしいふくやさん あま〜いダンスパーティー / じいちゃんバナナばあちゃんバナナ / おいしいふくやさん / まかしとき!



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

紙芝居 ねこの えきちょうさん

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット