あかちゃんごきげん しゃかしゃか あかちゃんごきげん しゃかしゃか
作・絵: 新井 洋行 監修: 山口 真美  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
うごくピーズに、赤ちゃんにっこり! 絵本作家・新井洋行さんのラトル絵本!
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
ねんねん どっち?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ねんねん どっち?

  • 絵本
作: 宮野 聡子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2017年05月17日
ISBN: 9784061333208

32ページ

みどころ

「ねえ、ママ。
ねむくなるまで、ねんねん どっち してくれる?」
「うん いいわよ」

と言って、お布団の中に入る二人の子どもと、お母さん。

「ねんねんどっち」とは……
お母さんが出す「どっちがいい?」のお題に、子どもたちが答えていく遊び。
例えば……、
「おうちで動物を飼うとしたら、犬と猫、どっちがいい?」
「一緒にお散歩に行けるとしたら、ぞうとペンギン、どっち?」
などなど……。

きっと、寝る前のいつものお楽しみなのでしょう。
子どもたちは目を輝かせています。

「ねんねんどっち」は、「ねむくなるまで続く」ルールなのですが、
選ぶのが楽しくて、なかなか眠くならない2人。

でもそこはさすがお母さん、ちゃんと工夫がされています。

前半は、楽しいお題が続きますが、後半になると
「こんなまくらがあったら、どれがいい?」
「ねむっているのは、ねずみさんかな? それとも かえるさん?」
など、「眠り」に関連したお題を出していくのです。
極めつけは、
「ねむくなるまで、ゆっくり とんとん してあげようね。それとも、やさしく なでてもらうほうが いーい?」
という「ねんねんどっち」。
お母さんにこんな風にしてもらったら、眠くならないはずがありません!

「うちの子、なかなか寝なくて……」と困っている親御さんに、ぜひおすすめしたい一冊です。

(洪愛舜  編集者・ライター)

出版社からの紹介

「ねえ、ママ。ねむたくなるまで、ねんねん どっち してくれる?」
という子どもの問いかけではじまる、眠りへと誘う、ねんねの絵本。
おやすみ前に読み聞かせれば、子どもの気持ちを安心させ、しぜんに眠りの世界へとみちびきます。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


宮野 聡子さんのその他の作品

きみにありがとうのおくりもの / ちいさな かわいい おべんとうばこ / うれしい おいしい はんぶんこ / おかいもの なんだっけ? / おねしょちゃんとなおったね / ともだちのひっこし


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > ねんねん どっち?

【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本

ねんねん どっち?

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット