話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

詩ってなあに?

詩ってなあに?

  • 絵本
作: ミーシャ・アーチャー
訳: 石津 ちひろ
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2017年06月20日
ISBN: 9784776407928

24×27cm 32頁


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

出版社からの紹介

ダニエルは、公園で “詩のはっぴょうかい” と書いてあるポスターを見つけました。
「詩ってなんだろう?」。
なかよしのどうぶつたちは、それぞれ自分の詩をダニエルに教えてくれます。
さて、ダニエルは自分だけの詩を見つけられたでしょうか。
わたしたちの身近なところにある詩を、美しい絵とともに描いたすてきな絵本。
5歳から7歳くらいのお子さまに特におすすめです。
エズラ・ジャック・キーツ賞受賞作。

ベストレビュー

美しい絵!

ダニエルは、公園が大好き!仲良しの公園の動物達から、

”詩って なんだろう?”

を、教えてもらいます。

  蜘蛛は、「詩って いうのはね、朝露の きらめき のことなの」

  ハイイロリスは、「おちばの かさこそと なる おと が 詩だと

    おもうよ」
 
  シマリスは、「ふるい いしの かべに、窓が たくさん ついて

    る おうち のこと  なんじゃないかな」

  カエルは、「そりゃあ もちろん、ぴょんっと とびこみたくなる

   ひんやりとした みず にことだわ!」

  カメさんは、「たぶん、おひさまで あたためられた すな」

夫々の詩が、素敵に美しい絵と共に語られていました。
(押し寿司さん 70代以上・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話

石津 ちひろさんのその他の作品

ねこは すっぽり / なぞなぞのにわ / アルフィー (ゆくえふめいになった カメ) / まほうのハッピーハロウィン / かぞえてみよう どうぶつスポーツたいかい / 石津ちひろ&高畠純の ことばあそび絵本(全4巻)



 【連載】10月の注目の新刊&オススメ絵本紹介

詩ってなあに?

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声 1人

ママの声一覧へ

じいじ・ばあばの声 2人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット