Sassyのあかちゃんえほん ぱくぱく Sassyのあかちゃんえほん ぱくぱく Sassyのあかちゃんえほん ぱくぱくの試し読みができます!
監修: Sassy/DADWAY 文・絵・デザイン: LaZOO  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
世界中のママや赤ちゃんが大好き!心や脳を育むSassyの絵本シリーズ最新作!
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
おばけいしゃ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おばけいしゃ

  • 絵本
作・絵: せな けいこ
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥780 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年06月10日
ISBN: 9784494021406

判型:B5変型判/サイズ:17.4×15.5cm
頁数:28頁

出版社からの紹介

ちっともかんじゃがこないので、のんきなおいしゃさんがねようとしたら、とんとんとん。だれかが戸をたたいています。「せんせい、めがいたくて……なおしてください」やってきたのは、ひとつめこぞうでした!

ベストレビュー

一つ目小僧の目を取り出しちゃってるよ〜。

「おばけいしゃ」で検索をかけたら、富安陽子さんの「内科・オバケ科 ホオズキ医院」もあがってきました。このシリーズも大好きです。

どこかで聞いたことのあるような〜と、思って調べてみたら、落語「一眼国」をベースに作られたお話しらしいです。
このお医者さん、いろんな意味ですごくて、まず、「一つ目小僧」が来院してもそれほど驚いた様子がない。
そして、目の治療をするために目玉を完全に取り出しちゃっている!すごいです。名医です!
そして次々現れるおばけや妖怪も、なんだかうまく使いこなしています。
もう、なるべくして「おばけいしゃ」になったという感じです。
もしかしたら、ホオズキ先生のご先祖さまかもしれませんね〜(笑)。

小さい子でも楽しく読める展開で、
分かりやすく見やすかったです。
テンポもよく、ページ数も多くないです。
(ページ数が多すぎないのが良いって、小さなお子さんには大事だ。と、最近改めて気づきました)
チョーお薦めの1冊です。
(てんぐざるさん 50代・ママ 女の子22歳、女の子17歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


せな けいこさんのその他の作品

まめとすみとわら / たぬきのおもち / 星のひとみ / にゃん にゃん / はらぺこゆうれい / ばけものづかい



幼児期から英語を始めたい方へ、ネイティブスピーカーによるCD付

おばけいしゃ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット