話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
たぶん、なんとかなるでしょう。

たぶん、なんとかなるでしょう。

作: 堀川 真
出版社: 福音館書店

税込価格: ¥990

「たぶん、なんとかなるでしょう。」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2017年06月10日
ISBN: 9784834083422

ページ数:144ページ
サイズ:20×15cm

出版社からの紹介

元気いっぱいの兄ブンちゃん(5歳)と弟ダイちゃん(2歳)が繰り広げる、てんやわんやの毎日。おもちゃは片付けない、すぐにケンカする、さらに家の中に秘密基地を作り、スーパーではカートに乗って暴走…。想定外続きのこの子育て、一体どうなる!? ドタバタな日常に、あきれたり、イライラしたりしつつも、まあ「たぶん、なんとかなるでしょう。」と、温かなまなざしで父・堀川真さんが描く爆笑・子育てエッセイマンガです。

ベストレビュー

素敵なおとうさん、おかあさん、そして子どもたち

最高です!
我が家は2歳違いの兄妹だったので、男兄弟のパワフルさを楽しく読ませてもらいました。
大変ながらも成長していく子どもたち。我が家もそうだったなぁ…と共感するところも多かったです。
あっという間に過ぎていってしまう子どもたちとの日々。
さすが絵本作家の堀川真さん。子どものことをよくわかっていますね。子どもたちとの日々が生き生きと描かれていて、パワーチャージさせていただきました。
現役パパ、ママもほっとひといきつけて、育児がもっと楽しくなるかも?
(わさんぼんさん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


堀川 真さんのその他の作品

ちょっと昔の子どもたちのくらし(3) 私の名前は宗谷本線〔北海道〕 / トンカチくんと、ゆかいな道具たち / ちいさなごるり / おべんとうさん いただきます / あかいじどうしゃ よんまるさん / いのちのいれもの


絵本ナビホーム > 一般 > 単行本 > 教育 > たぶん、なんとかなるでしょう。

児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【あすなろ書房】

たぶん、なんとかなるでしょう。

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット