魚市場 魚市場
絵・構成: 沢田 重隆  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
お魚は好き? 築地を舞台に、魚の流通のしくみやさまざまな魚の種類などを、細密かつダイナミックなイラストで紹介します!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
こうちゃんとぼく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こうちゃんとぼく

  • 児童書
作: くすのき しげのり
絵: 黒須 高嶺
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年06月13日
ISBN: 9784061996168

A5 80ページ

出版社からの紹介





「ぼく、『やまの こうさく』です。よろしくおねがいします。」
 十月。
 ぼくらのクラスにてんこうせいが、やってきた。



 こうさくくんは、まえにかよっていた小学校のせいふくを、それも、こうさくくんのからだよりもすこし大きなせいふくをきていた。
 ぼくは、せきがえでこうさくくんのとなりになった。
 先生から、しんらいされているようで、すごくうれしかった。
 ぼくは、はりきってこうさくくんに、いろんなことを教えてあげた。
 でも――。
 こうさくくんが、「こうちゃん」とよばれるようになり、どんどんクラスのにんきものになると、だんだんとおもしろくなくなっていってしまう。
 これまでは、ぼくがなんでもいちばんだったのに。
 ふたりですることになった、がくしゅうはっぴょうかいでのしかいのれんしゅうちゅう、こうちゃんに、むしゃくしゃしたきもちをぶつけてしまったぼくは、おもわずがっこうをとびだしてしまった。
 ちゃんと、あやまりたい。
 どうすれば、なかなおりできるかな??


 
 長年、学校教育にたずさわっていらしたくすのきしげのり氏ならではの作品です。はじめて抱く嫉妬の感情をうけとめる少年の気持ちを、やわらかく受けとめた、心温まる友情と成長の物語をどうぞお楽しみください。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


くすのき しげのりさんのその他の作品

はだかのおうじさま / あーん! はがぬけない / おさがり / いまから ともだち / ぼくとマリナちゃん / 交響曲「第九」 歓びよ未来へ! 板東俘虜収容所 奇跡の物語

黒須 高嶺さんのその他の作品

五七五の秋 / ぼくのジユウな字 / 秘密基地のつくりかた教えます / なみきビブリオバトル・ストーリー2 決戦は学校公開日 / 最後のオオカミ / パイロットのたまご



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

こうちゃんとぼく

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット