たこやきようちえん たのしいえんそく たこやきようちえん たのしいえんそく
作: さいとう しのぶ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
たこやきようちえんの遠足は動物園! たこやき6人は、元気に出発しますが・・・。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
ホウホウフクロウ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ホウホウフクロウ

  • 絵本
作: 井上 洋介
出版社: 福音館書店

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,700 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年06月15日
ISBN: 9784834083439

読んであげるなら:4才から
自分で読むなら:小学低学年から
32ページ 37×27cm

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

作家井上洋介が最後に遺した、水墨画の絵本

昨年逝去された井上洋介さんが遺した最後の絵本です。洋介さんの絵本といえば、やはりナンセンス絵本がその真骨頂といえるでしょう。その洋介さんが最後に辿り着いたのは、ナンセンスをはるかに超越した、静謐な水墨画の絵本でした。闇夜に飛び回るフクロウやミミズクたちは、見る者を圧倒する迫力もあり、のびのびと大らかでもあり。それは、常に斬新な発想で絵本を作り続けてきた洋介さんのお姿、そのものなのかもしれません。

ベストレビュー

フクロウたちの鳴き声が聞こえてくるようです

この絵本には「フクロウ」「ミミズク」「セミ」「トンボ」が繰り返し登場します。(トンボは一回だけだけど)
少しずつパターンの違うフクロウやミミズクたちの語りに、彼らの鳴き声が聞こえてくるようでした。
井上洋介さんが最後の力を振り絞って描かれてきた作品なのかなと、そのいつもよりもさらに大胆な筆遣いから感じました。
井上洋介さんの作品が好きな方はぜひ手にしてみてください。
また、絵本に描かれている言葉は詩のようなリズムでとても心地が良いので、小さなお子さんなどに読んで聞かせてあげるのもよいかと思います。
(てんぐざるさん 50代・ママ 女の子22歳、女の子18歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

井上 洋介さんのその他の作品

エースケをさがせ / まぼろしえほん / きんのつののしか / つきよのふたり / こぶたのぶうくんと しりとり / こわくない



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

ホウホウフクロウ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット