おもちおばけ おもちおばけ
作: ささき ようこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
おばあちゃんが送ってくれた大好きなおもち。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
葉っぱのいのち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

葉っぱのいのち

  • 絵本
作: ビーゲン セン
絵: うさ
出版社: 絵本塾出版 絵本塾出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2016年12月21日
ISBN: 9784864840972

判型・ページ数 B5変・32ページ

みどころ

樹に生えている葉っぱは、落ちた後、どうなるのか……、
そんなことを、考えたことは、ありますか?

春の訪れとともに、葉っぱは誕生します。
夏はたくさんの日差しと雨を浴びて元気に茂り、秋になると色づきます。

「森のキャンパスに たしかなうでで 絵をかきあげる
葉っぱのなせる けっさくだ」

そして冬が来ると、葉っぱは落ちてしまうのですが……。
まだまだ、続きがあります。

落ちて重なった葉っぱは、ふとんのように木の根元を温めます。
やがて、虫に食われて栄養いっぱいの土になり、水に溶けて川から海へと流れていきます。
海では植物プランクトンから動物プランクトン、小さな魚、大きな魚と命をつないで……。

そう、この絵本には、「命のつながり」が、描かれているのです。
それは、葉っぱの大冒険でもあります。

土になった時点で、もう葉っぱは葉っぱの形をしていません。
でも、確かに命は続いています。
本書では、透明になった葉っぱの形で、それが表現されています。
目には見えないけれど、ここにも、そこにも、命がつながっている。
この絵本を読めば、子どもたちはそのことを学ぶことができるでしょう。

(洪愛舜  編集者・ライター)

葉っぱのいのち

出版社からの紹介

葉っぱは、日ざしをたっぷりと浴び、風にも雨にも負けず、しっかりした葉っぱになります。秋の葉っぱはゆっくりと落ちて重なり、木の根元をおおいます。虫に食べられ腐った葉っぱは水にとけ、やがて川から海に流れ、豊かな海を作ります。葉っぱのいのちの循環…。

ベストレビュー

豊かな自然

木が育って落ち葉の栄養が海へ流れつき、命豊かな海になっていくまでの過程がやわらかい雰囲気の絵と文章でわかりやすく描かれていました。絵を見ているだけでも話しの流れがわかり、年中さんくらいからでも読めるお話でした。
(morimoriさん 30代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ビーゲン センさんのその他の作品

あけなかったよ! / ぼくしないもん! / おかしがたべたい! / もりのうんどうかい / ゆかいな教室 / なんのにおい ふゆ

うささんのその他の作品

赤い糸 / ぼくは海になった 東日本大震災で消えた小さな命の物語



『ドーナツやさんのおてつだい』 もとしたいづみさん、ヨシエさんインタビュー

葉っぱのいのち

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット