貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
絵図解やさい応援団 まるごとえだまめ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

絵図解やさい応援団 まるごとえだまめ

  • 絵本
文: 八田 尚子
絵: 野村 まり子
監修: 大竹 道茂
出版社: 絵本塾出版 絵本塾出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「絵図解やさい応援団 まるごとえだまめ 」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2016年03月31日
ISBN: 9784864840934

AB・32ページ

みどころ

最初のページには、こんな問いかけがあります。
「えだまめは大きくなると何になる?」。

この答えを知らない子は、意外と多いのではないでしょうか。
恥ずかしながら私は、大人になってから知りました。
「答えは『大豆』」です。

えだまめはいつから食べられるようになったか。
どうしてえだまめと呼ばれるのか。
大豆になるにはどんなプロセスがあるのか。
えだまめは細長いのに、どうして大豆はまん丸なのか……。

こんな疑問のいろいろが、絵本をすみずみまで読むとすべてわかります。
主人公は、えだまめのような三つ子の男の子たち(えだまめって、たいてい三つ子なんですって!)。
彼らと一緒に物語の中で、えだまめと大豆を知る旅にでかけませんか?

調べ学習にも向く一冊です。
読むともれなく、えだまめが食べたくなってきます。

(てらしまちはる  ライター/こどもアプリ研究家)

絵図解やさい応援団 まるごとえだまめ

出版社からの紹介

子どもに大人気のえだまめ(大豆)の本です。

すでにえだまめは、平安時代に食べられていたと言われています。えだまめと呼ばれるようになった由来から大豆になるまで、大豆の栄養価からその活用食品類、日本人には欠かすことができない調味料の原料など、絵と解説で分かりやすくまとめています。

ベストレビュー

大切な大豆製品

枝豆ってなんなのかしら?と、ふと思っても
あまり深く考えずに過ごしていました。
大豆製品は毎日欠かさずいただいています。
お味噌汁、湯豆腐、油揚げ、がんもどき、豆乳などなど
春から夏は枝豆が色々なおかずのさわやかなあしらいやスープになります。
この絵本は色々な疑問をすべて解決してくれる美味しい本です。
平安時代や江戸時代の食文化もとても興味深いものです。
昔の町にはゆでえだまめ売りの声が聞こえていたのですね。
(ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


八田 尚子さんのその他の作品

絵図解やさい応援団 まるごとにんじん  / まるごとじゃがいも / 絵図解やしい応援団 まるごとかぼちゃ / まるごとキャベツ

野村 まり子さんのその他の作品

輝くなぞ (光のふしぎ) / えほん日本国憲法



『ドーナツやさんのおてつだい』 もとしたいづみさん、ヨシエさんインタビュー

絵図解やさい応援団 まるごとえだまめ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット