話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
はまなすのおかのきたきつね
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はまなすのおかのきたきつね

  • 絵本
作: 手島 圭三郎
出版社: 絵本塾出版

本体価格: ¥1,700 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「はまなすのおかのきたきつね 」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2017年01月20日
ISBN: 9784864841054

判型・ページ数 A4・32ページ

みどころ

北海道に、遅い春が訪れました。
海辺の丘ではハマナスが、紫がかった桃色の花を咲かせます。
そんな小さな丘のふもとに、キタキツネの巣穴がひとつ。
巣穴のそばでは子どもたちが、両親の帰りを待っています。
そのなかに、とてもちいさな体の一匹がいました。
これは、きびしい自然を生きるちいさなキタキツネの、ある一日を描いた作品です。

この物語は、いわゆる動物を主人公にした童話とは、少し趣が異なります。
作中におけるキツネの描写について、巻末にこんな著者の言葉が。

「人間の気持ちをキツネに重ねている部分もありますが、自然の生態にそったものです」

その言葉通り、主人公のちいさなキタキツネは、きびしい自然の理にさらされることになります。

じゃれあいの中で戦いを学び、そのために死に至ることもあるというキタキツネ。
弱肉強食の淘汰圧のなかで、兄弟間においても命を賭した競争があり、弱さは飢えとなって体を蝕みます。

そんな野生における生命のはかなさ、あやうさが、特徴的な版画の陰影が演出する緊張感と相まって、ヒリヒリと皮膚をなでるよう。

英語では「日本のバラ」とも呼ばれ、「北海道の花」にも制定されている、ハマナス。
そんなハマナスの桃色と、晴れ渡る空の青、丘に萌える緑。
そして、冷たくキリリと澄んだ北海道の空気が、今にも香り立つような鋭い陰影。

版画によって描かれた大自然。
その独特の味わいを、この一冊で。

(堀井拓馬  小説家)

はまなすのおかのきたきつね

出版社からの紹介

はまなすの花が咲いている丘のふもとに、きたきつねの家族が住んでいます。おとうさんが食べ物を持って帰ると、子どもたちは奪い合います。小さな子はなかなか食べ物を口にする事ができません。おかあさんと兄弟が寝ている夜中に、おとうさんが帰ってきました。そして、おとうさんのそばにいくと…。
北の森に生きる、きたきつねの子どもの成長物語です。

ベストレビュー

兄弟であっても

北海道の遅い春に繰り広げられる、キタキツネの親子の様子を描いてあります。
ハマナスの花が見守っているような存在感が、何とも言えません。
子どもたちは4匹いるのですが、1匹だけ体が小さいのです。
その小さい子どもは、両親が持ち帰った餌にありつけないのですね。
兄弟であってもシビアな現実がそこにあります。
それでも、夜になって、父親のとった行動が素敵ですね。
自然界の厳しさと優しさと。
木版画の持つ丁寧な描写がうれしいです。
小学生くらいから、感じ取ってほしいです。
(レイラさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


手島 圭三郎さんのその他の作品

ひとりだちする きたきつねのこども / すだつ きたのかわせ / たんちょうづるのそら / あざらしのはる / くまげらのはる / はしれ はるのゆきうさぎ


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、評論、随筆、その他 > はまなすのおかのきたきつね

ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

はまなすのおかのきたきつね

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット