話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

えぞふくろう ふぶきをのりこえる
  • 全ページためしよみ
  • ちょっとためしよみ

えぞふくろう ふぶきをのりこえる

  • 絵本
作: 手島 圭三郎
出版社: 絵本塾出版

本体価格: ¥1,700 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「えぞふくろう ふぶきをのりこえる 」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2016年04月11日
ISBN: 9784864840927

A4・32ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

吹雪が3日も続き、えぞふくろうは目をじっとつぶったまま、巣穴の中で動きません。
森の動物たちはみな、お腹をすかせながら吹雪がやむのを待っています。

ようやく吹雪がやみました!
冴え渡った空の下、枝につもった雪がさまざまな形をつくる立木、からすたちががあがあと鳴きながら死んだ動物に群がっている姿。
食べるものが少ない厳しい冬は、たくさんの動物が死ぬのです。

お腹をすかせたえぞふくろうは、夜になるのを待てずに、食べ物を探しに飛び立ち、空の上から森の様子を見つめます。
雪原に出てきたねずみを、音もなく飛んでつかまえ、木の上で何日ぶりかの食べ物を食べます。
空には月がのぼり、しだいに日暮れて夜になり、静かな森の奥から何かの音が聞こえてきます……。えぞふくろうが耳をすます、不思議な音は……?
えぞしかが移動する音、えぞももんがが飛び回る音、雪原の上でのゆきうさぎがはねる音。
動物たちが愛を交わす姿を見て、仲間がいないさびしさを感じた若いえぞふくろうは……。

木につもる雪がさまざまな形を作り、リアルな生き物の形にさえ見える描写は、北海道の作家、手島圭三郎さんならでは。
月明かりの青い影。えものをとらえるえぞふくろう。えぞももんがが枝先から飛ぶ姿……。木版で彫られた絵は、どれも驚くほど力強く繊細です。

太古の昔からくりかえされてきた、寒さに耐えて冬を生きる、生き物の姿をとらえた重みのある絵本。
自然の厳しさと、気象によって不思議な形があらわれる自然のおもしろさや、愛を交わす動物たちのよろこびが描かれ、心を動かされます。
えぞふくろうが結婚相手を見つけて近づいていくときの、愛らしい表情は必見ですよ。

雪に覆われた森の、しんとした世界。そしてその中で静かにつたわってくる不思議な音。
絵本でありながら、雪の森の静けさや不思議なさわがしさが、絵から「音」のように伝わってくる絵本です。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

えぞふくろう ふぶきをのりこえる

出版社からの紹介

吹雪の中をじっと耐えていたえぞふくろうが、3日ぶりに空に飛び立ちました。食べ物を探していると、えぞももんがやきたきつね、ゆきうさぎの群れに遭遇します。それを見てさびしさを感じていたえぞふくろうの耳に、森の奥の方から仲間の声が聞こえてきて…。

ベストレビュー

結婚

吹雪の中を生き抜くエゾフクロウの姿を描いてあります。
改めてエゾフクロウの顔を観察すると、なかなか愛嬌がありますね。
エゾフクロウとともに、他の生き物たちの生きる姿も体感できそうです。
そして、吹雪を乗り越えた先が本作の主題でしょうか。
生き物たちの結婚の様子、もちろん、主人公も。
出会いの場面、吹雪ならではの幻影にびっくりですね。
小学生くらいから、生きる姿を感じ取ってほしいです。
(レイラさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


手島 圭三郎さんのその他の作品

ひとりだちする きたきつねのこども / すだつ きたのかわせ / たんちょうづるのそら / あざらしのはる / くまげらのはる / はしれ はるのゆきうさぎ


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 生物学 > えぞふくろう ふぶきをのりこえる

 【連載】10月の注目の新刊&オススメ絵本紹介

えぞふくろう ふぶきをのりこえる

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット