そうべえときじむなー そうべえときじむなー そうべえときじむなーの試し読みができます!
作: 田島 征彦  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
「じごくのそうべえ」シリーズ、7年ぶりの新刊!今度は琉球へ
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
おこらせるくん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おこらせるくん

  • 絵本
作: のぶみ
出版社: KADOKAWA

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2017年07月13日
ISBN: 9784041058008

出版社からの紹介

おこらせるくんは、ママを怒らせるために生きています。「ちょっと〜〜!まだきがえてないの?ちこくしちゃうでしょ!」──おそらく園児のいる日本中の家庭で毎日のように繰り広げられているこの光景。ママの言うことを全然聞かないおこらせるくんは、ほら、あなたのお家のお子さんにそっくり! 帰宅途中、ママはおこらせるくんに、誕生日プレゼントは何が欲しいの?と聞いてみます。すると、おこらせるくんが「おこらないママがほしい」と言ったものだから、そのときママは……!? のぶみさん自身が「これまで子どもに最も怒ってしまったエピソード」について全国のママに大々的なアンケートを実施!日本中のママたちの声が、この1冊にすべて詰め込まれています。

おこらせるくん

ベストレビュー

大大大好きだから!

全頁試し読みで読みました。毎日、おこらせるくんは、おかあさんから怒られているのは、自分の為にとわかるとおかあさんに甘えておかあさんから離れなくなりました。やっぱり、「大大大好きだから!」と、伝えることが大切だと思いました。わが子への愛情はどのおかあさんもとても強いと思うし、感じるから、ちょっと恥ずかしくてもその思いを言葉に出して子供に愛情表現を伝えるべきだと思いました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おかっぱちゃん
    おかっぱちゃん
     出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
    NHK Eテレでアニメーション番組にもなった「おかっぱちゃん」が 新しいオリジナルストーリーをたずさ

のぶみさんのその他の作品

うちのウッチョパス / うちのウッチョパスアニメだいずかん / ぼく、仮面ライダーになる! ビルド編 / ママがおばけになっちゃった! ぼく、ママとけっこんする! / おしりフリフリ / うんこちゃん けっこんする



「誰もが誰かの大切な人」米国で人気のシリーズ第一弾

おこらせるくん

みんなの声(10人)

絵本の評価(3.64

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット