新刊
ハナペタン

ハナペタン(フレーベル館)

悪い事をするとやってくるというハナペタン…、果たして、敵か?味方か!?

  • 笑える
  • びっくり
話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

手おけのふくろう

手おけのふくろう

  • 絵本
文: ひらの のぶあき
絵: あべ 弘士
出版社: 福音館書店

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2017年06月25日
ISBN: 9784834083408

読んであげるなら:4才から
自分で読むなら:小学低学年から
48ページ  25×24cm

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

手おけの中で子育てをしたふくろう夫婦の物語

北国の里山でのお話しです。毎年、民家の脇にある古い桜の木のうろで、子育てをするふくろう夫婦がいました。ところが、ある年の冬、大雪が降ってその桜の木が倒れてしまいます。困った夫婦は、民家の軒先に吊された手おけを見つけ、そこを巣にします。時には雪やみぞれが吹き込み、天敵のハクビシンにも狙われるという悪条件の中、それらを乗り越えて、3羽のヒナを巣立ちに導くまでを描きます。

ベストレビュー

優しいおじいさん

ふくろう夫婦が、子育てをするサクラの木が倒されていたので、

困って方々を探していたところ、窓に吊るされていた手おけをみつ

けてその中に卵を3個あたためて雛にかえしたお話でした。

優しいおじいさんだったので、ヒナが飛びたつときに、取っ手が

外れて壊れたのですが、おじいさんは、新しい手おけを窓の外に

吊るしておいてくれたのが、思いやりのある優しいおじいさんに

感動しました。ふくろうのおとうさんの家族を必死で守る優しさや

子育てが素敵だと思いました。
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あべ 弘士さんのその他の作品

動物なぜなに質問箱 / オサム / ギザ耳ラグ / 氷上カーニバル / ゾウと ともだちになった きっちゃん / オオカミ王ロボ



『きゅうきゅうブーブー』tupera tuperaさんインタビュー

手おけのふくろう

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 5
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット