アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
いっぽんのせんとマヌエル
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いっぽんのせんとマヌエル

  • 絵本
作: マリア・ホセ・フェラーダ
絵: パトリシオ・メナ
訳: 星野 由美
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「いっぽんのせんとマヌエル」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2017年08月28日
ISBN: 9784032027709

2歳から
36ページ

みどころ

一見すればただただずっと、一本の線をたどるだけの話。
けれど、この本の存在の意味を知ると、見方は断然違ってきます。

『いっぽんのせんとマヌエル』は、自閉症スペクトラム障害をもつマヌエルをきっかけに生まれました。
主人公の名前が同じなのも、そのためです。

一本の青い線を読み手がたどっていくと、線から太陽がのぼり、またたどると、今度は線にドアがついていて学校に入っていけます。
線にとまる鳥、線をたどって帰れる家……。
一冊の本を「線」が貫いているのです。

マヌエル本人にとって「線」は、この世界を理解するのに必要な足がかりだそうです。
「線」の他にも数や動物など、自閉症スペクトラムの子が興味を示す対象には個性があります。

作者マリア・ホセ・フェラーダさんの言葉を借りれば、彼らには「ほかの子どもたちよりも世界があいまいにみえてい」ます。
だから、信頼を寄せる「線」をたどることはマヌエルの心を安定させるし、「線」のそばのものに触れれば触れるほど彼の知る範囲は広がるのです。

「線」をカギに踏み出そうとするすべての人に、この絵本は開かれていると言えます。

マヌエルや多くの自閉症スペクトラム障害を抱える子どもにとって、この絵本は貴重な世界のヒントとなるでしょう。
しかし同時に、自閉症スペクトラム障害にいまだ出会わない多くの人にとっても、人間の多様性について知らせてくれる有効なツールなのだと思わずにはいられません。

(てらしまちはる  ライター/こどもアプリ研究家)

出版社からの紹介

著者が「線」が好きな自閉症の男の子マヌエルくんと知り合ったことによって生まれた絵本。いっぽんの線が基調になって、短い言葉とシンプルでかわいいイラストにより、ストーリーが進行していきます。日本版には、文字やお話の内容の理解の助けとなる「ピクトグラム(言葉を絵で表現した絵文字)」がついています。ピクトグラムは絵本のイラストレーター自身によるものです。コミュニケーションが難しい自閉症の子は、すきなものをとおして、まわりから受けとる情報を整えたりすることもあります。日本の裏がわチリからやってきた作品。さまざまな子どもたちに、楽しんでいただきたい絵本です。

ベストレビュー

ピクトグラムと線の世界。

作者はチリのジャーナリストで、子ども向けの本をたくさん手掛けている方だそうです。

最近は割とテレビや本などのメディアでも取り上げられることが多くなってきたので、「自閉症」という障害について、直接かかわりを持たない人でもおおよそどんなものなのか想像がつくようになってきました。

私も無知ではありますが、「ピクトグラム」という絵(図)のカードを生活の中に活用することで、自閉症の人たちが動きやすくなるというのは聞き覚えて知っていました。
この本の主人公でもあるマヌエル君は、特に“線”が心の基準となる人で、ピクトグラムと線を織り交ぜて、うまく生活してる様子が絵本からうかがえました。
すごいな。と思ったのは絵本の中にずっと書かれている一本の青い線は、本のページを曲げてもちゃんとつながって見えるところです。
きっとマヌエル君の中では生活のすべてが、こんな風に1つの線でつながって見えているんだろうなと、想像できました。
パトリシオ・メナさんの絵は単純ではありますが無駄もなく、はっきりとしていてわかりやすかったです。
子どもたちの総合学習などで、このような作品が使われるといいなと思いました。
(てんぐざるさん 50代・ママ 女の子22歳、女の子17歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




楽しく手品を覚えて世界一のマジシャンを目指そう!

いっぽんのせんとマヌエル

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット