話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

真田幸村

真田幸村

  • 絵本
監修: 山本 博文
カバー・表紙: 美樹本 晴彦
出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥850 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2017年06月
ISBN: 9784041039793

四六判/単行本 160ページ

出版社からの紹介

新たな伝記まんが『まんが人物伝』誕生! 日本一のつわもの・真田幸村!
「日本一の兵」とうたわれた名武将・真田幸村。少年時代はあちこちで人質となり合戦に出られずにいたが、戦場に立つようになると、持ち前の知恵と勇気で数多くの武功を残していく…!

■『真田幸村』監修 山本博文先生のポイント紹介
真田幸村は、豊臣秀吉の死後、奉行の石田三成に味方し、父・昌幸とともに徳川秀忠の大軍に勝利しますが、関ヶ原の合戦で徳川家康に三成方が敗れたため、九度山(和歌山県)に流されます。しかし、二十年後、豊臣秀頼の招きに応じて大坂城に入り、徳川家康・秀忠方の大軍を相手に戦います。今回の人物伝では、大坂夏の陣で家康をあと一歩というところまで追い詰めた幸村の活躍を感動的に描いています。「真田日本一の兵(つわもの)」と賞賛された幸村の戦いに注目してください。

■目次
第1章 ゆれる真田家
第2章 人質時代
第3章 犬伏の別れ
第4章 真田丸でむかえ討て!
第5章 ねらうは家康の首!

ベストレビュー

コンパクトサイズなのも魅力なシリーズ。

門川の歴史漫画は、ソフトカバーで小さめで、持ち運びにも収納にも便利でいいですね。
人物の伝記は、彼らが子供の頃からのことが描かれているのも、取っ付きやすく興味を抱きやすくも思いました。
まだ新しいシリーズなので、これからどんな人物の伝記が登場するのか楽しみでもあります。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


山本 博文さんのその他の作品

「関ヶ原」の決算書 / 角川まんが学習シリーズ 日本の歴史 全15巻+別巻4冊定番セット / 東大教授がおしえる 日本史をつかむ図鑑 / 徳川秀忠 / JC大江戸〜東京 都市形成の不思議と謎 / 東大教授がおしえる 忠臣蔵図鑑



2月の新刊&オススメ絵本情報

真田幸村

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット