せかいかえるかいぎ せかいかえるかいぎ
作: 近藤 薫美子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
せかいかえるかいぎが あるらしい──。こんなうわさが、かえるたちの間に広まって、世界中のかえるたちが大集合します!
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
ごちそうの木 タンザニアのむかしばなし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ごちそうの木 タンザニアのむかしばなし

  • 絵本
作: ジョン・キラカ
訳: さくま ゆみこ
出版社: 西村書店 西村書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年07月20日
ISBN: 9784890139835

B4変型ヨコ・上製・30ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

アフリカの民話の宝庫、タンザニア。
この地で生まれ育った絵本作家ジョン・キラカが、
タンザニア南西部に暮らすフィパの人たちの語りを記録し、この絵本をつくりました。
ティンガティンガ・アートを学び、ユニークな独自の画風を確立したキラカの絵と、
素朴な昔話のおもしろさを味わえます。
キラカの絵本は、スイス、ドイツ、スウェーデン、アメリカなど多くの国で翻訳出版されており、
また、キラカは各地でストーリーテラーとしても活躍しています。

【ティンガティンガ・アートって?】
1960年代、タンザニアのエドワード・サイディ・ティンガティンガによりはじめられた、
ポップアートの手法です。

ベストレビュー

アフリカの昔話は 人々の夢の語り

アフリカの 動物たち  色鮮やかで かわいい

お話は ごちそうの木の実を食べたくて でも・・・・ 落ちてこなくて 
かしこい カメに聞きに行くことになりましたが
ノウサギが 聞きにいくというと・・・・ みんなが 
「小さすぎるから 大きい動物にまかせなさい」 みんながそういうのです
しかし ゾウもスイギュウも 実を落とす おまじないの言葉を 忘れてしまうのです
何度 聞いても 忘れてしまう 大きな動物たち・・・
そして最後に ノウサギが聞きに行くのです
そして ごちそうの木の実を落としてくれたのです

大きいから 賢いとは限らない 小さくても 賢い ノウサギ

みんなが 認め合うのです   
こういう動物たちの 関係が 民主主義だと言うことですね

アフリカの大らかさが 良いですね〜
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ジョン・キラカさんのその他の作品

なかよしの水 タンザニアのおはなし  / いちばんのなかよし / チンパンジーとさかなどろぼう

さくま ゆみこさんのその他の作品

みずをくむプリンセス / グレタと よくばりきょじん たったひとりで立ちあがった女の子 / おまつりをたのしんだおつきさま / 明日をさがす旅 故郷を追われた子どもたち / シャイローと歩く秋 / ノウサギのムトゥラ 南部アフリカのむかしばなし


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > ごちそうの木 タンザニアのむかしばなし

西日本新聞社オススメの児童書8冊でレビューコンテスト開催!

ごちそうの木 タンザニアのむかしばなし

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット