ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
ごちそうの木 タンザニアのむかしばなし

ごちそうの木 タンザニアのむかしばなし

  • 絵本
作: ジョン・キラカ
訳: さくま ゆみこ
出版社: 西村書店 西村書店の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2017年07月20日
ISBN: 9784890139835

B4変型ヨコ・上製・30ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

アフリカの民話の宝庫、タンザニア。
この地で生まれ育った絵本作家ジョン・キラカが、
タンザニア南西部に暮らすフィパの人たちの語りを記録し、この絵本をつくりました。
ティンガティンガ・アートを学び、ユニークな独自の画風を確立したキラカの絵と、
素朴な昔話のおもしろさを味わえます。
キラカの絵本は、スイス、ドイツ、スウェーデン、アメリカなど多くの国で翻訳出版されており、
また、キラカは各地でストーリーテラーとしても活躍しています。

【ティンガティンガ・アートって?】
1960年代、タンザニアのエドワード・サイディ・ティンガティンガによりはじめられた、
ポップアートの手法です。

ベストレビュー

原画を見てみたい

同じ作者の『なかよしの水』が面白かったので、こちらも読もうと思いました。
タンザニアのむかしばなし。
美味しそうな実を食べたくて、かめに名前を聞きに行くお話です。
繰り返しの言葉が楽しくて、声に出して読みたくなります。
イラストは、ティンガティンガ・アートと呼ばれる、カラフルでダイナミックな絵画。
迫力のあるページばかりだったので、原画を見てみたいです。
(クッチーナママさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子14歳、男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ジョン・キラカさんのその他の作品

なかよしの水 タンザニアのおはなし  / いちばんのなかよし / チンパンジーとさかなどろぼう

さくま ゆみこさんのその他の作品

スティーブン・ホーキング / 彼の名はウォルター / オノモロンボンガ / 宇宙への扉をあけよう ホーキング博士の宇宙ノンフィクション / わたしは夢を見つづける / 子どもの本で平和をつくる イェラ・レップマンの目ざしたこと


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > ごちそうの木 タンザニアのむかしばなし

『ふしぎな森のものがたり』あいはらひろゆきさん&ちゅうがんじたかむさんインタビュー

ごちそうの木 タンザニアのむかしばなし

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット