メリー メリー クリスマス! メリー メリー クリスマス! メリー メリー クリスマス!の試し読みができます!
作: 岡村 志満子  出版社: くもん出版
クリスマス準備で困っている人は、クリスマスおたすけ隊におまかせ! 親子で楽しいクリスマスが味わえる絵本です。光るページつき!  
クリスマスのおすすめ続々更新中♪ 『絵本ナビのクリスマス2017』 がオープンしました♪
とりこしふくろう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

とりこしふくろう

  • 絵本
作: 滑川 まい
出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「とりこしふくろう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2017年08月03日
ISBN: 9784592762140

3歳〜
259×190o 24ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ


ふくろうのおじいさんは、雨降る夜に迷子のひよこに出会いました。
「じいちゃんの おうちに おいで」
と助けてあげるのですが……。
ふくろうのおじいちゃん、とっても心配性。

「ほう……。
こまった こまった たいへんだ」

ひよこがいつかにわとりになったら、早起きだ。
朝が苦手な私でも面倒を見られるかな……

あの子もいつかおかあさんになるかもしれない。
あの子の子どもたちの服も探しておこう……

すてんと転ばないように、そうじもしておこう……

そんな風に、まだ起きていないことをあれこれと心配して、せっせかせっせかと色々と準備していくのです。
その姿はとても滑稽ではありますが……子どもと接する大人たちは誰しも、大なり小なりこのふくろうのおじいさんのような部分があるかもしれないなぁ、と感じました。

この子がのびのびと育つように。
そして、いつか幸せに羽ばたいていくように。

たくさんの「取り越し苦労」をしながらいつも過ごしているのかもしれません。
可笑しいような、切ないような、ちょっと恥ずかしいような。
大人はそんな気持ちにさせられる絵本です。

(洪愛舜  編集者・ライター)

とりこしふくろう

とりこしふくろう

出版社からの紹介

ふくろうじいちゃんのもとに、ある日一羽のひよこが迷い込んできて――MOE読者の心をつかんだMOE創作絵本グランプリ入賞作がついに絵本に!

ベストレビュー

こういう絵本が大好きです。

とりこしふくろう。。。どういう意味なんだろう。。
読んでみると、とりこし苦労→とりこし不苦労なのかもしれませんね。
でも それが本当にほのぼのと
温かい気持ちになれる絵とストーリーです。
ふくろうじいさん なんて優しい心なんでしょう。
その優しさと 行動が
とても可愛い絵で描かれています。
最後まで そして細かいところまで
目が離せませんでした。
素敵です。
(koyokaさん 50代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『きょうふのおばけにんじん』<br>中川ひろたかさんインタビュー

とりこしふくろう

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット