わたしたちのえほん わたしたちのえほん
文: 南谷 佳世 絵: 大畑 いくの  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
交錯する二つの物語。あなたにとっての「わたしたちのえほん」はなんですか?
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
紙芝居 くさむらのおうさま カマキリ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

紙芝居 くさむらのおうさま カマキリ

作・写真: 栗林 慧
出版社: 教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!

作品情報

発行日: 2013年05月
ISBN: 9784774617497

2・3歳〜 / 3・4歳ӏ
8画面

ベストレビュー

8画面で幼虫から成虫へ

虫が好きなら、3歳くらいから聞けそうです。
カマキリがたまごから羽化したところから始まり、変態を繰り返して成体になっていく姿を描いている紙芝居でした。

わたしは弟がいたので、子どもの頃はいろいろな虫が家にいました。カマキリも飼ってた(?)ことがあります。
カマキリは卵から羽化すると同時に積極的に動き出します。
次から次からうじゃうじゃ出てくるところは、生で見ると結構印象的です。
おまけに身体が小さいので、いろんな隙間に入ってしまいます。そんなことをこの紙芝居を見て思い出しました。

栗林さんの写真なので、1枚1枚のシーンが見やすいです。
すごいなと思ったのは、たった8画面で、幼虫から成虫に代わっていく流れがしっかり描かれているところです。
春から夏ごろにかけての時期に、こんな写真紙芝居はいかがですか?
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子21歳、女の子17歳)

出版社おすすめ


栗林 慧さんのその他の作品

アリのたんけん / 紙芝居 かおかお だあれ? / 紙芝居 ぼくは クワガタ。 / 紙芝居 トンボさんのぐるぐるレポート / 紙芝居 とべとべ ブーン! / 紙芝居 ぼくら バッタのなかまたち


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > 紙芝居 くさむらのおうさま カマキリ

ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

紙芝居 くさむらのおうさま カマキリ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット