しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
シンデレラが語るシンデレラ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

シンデレラが語るシンデレラ

  • 絵本
絵: 柴田 ケイコ
文: クゲユウジ
出版社: 高陵社書店

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2017年08月05日
ISBN: 9784771110250

関連するスペシャルコンテンツ


【結果発表】もしあなたがシンデレラだったら?1人称童話シリーズ二作目登場

出版社からの紹介

もしあの童話の主人公が自らの口で語ったら。「シンデレラが語るシンデレラ」は、前作・桃太郎に続く「1人称童話」のシリーズ二作目です。
「昔々あるところに…」でおなじみのスタンダードな昔話は、決まって3人称、いわゆる「ナレーション」でえがかれています。3人称から1人称へ。客観から主観へ。このシリーズでえがかれるのは、主人公の「たとえば」の胸の内。シンデレラは何を思い、何を見つめ、何を求めていたのだろう。主人公視点で物語を体験する1人称童話は、つまるところ「まなざしと気持ちの絵本」といえるのかもしれません。

シンデレラが語るシンデレラ

ベストレビュー

おもしろい!!

おもしろい!!!
この絵本を読んで、とにかくそう思いました。
シンデレラのお話は、いろんな出版社さんの絵本を
何度も何度も読みました。
でもこの絵本は初めて!!
とても衝撃を受けました。
シンデレラから見た、シンデレラのお話なんです!
シンデレラから見ているので、シンデレラの顔は描かれていません。
描かれているのは、シンデレラの手。
ぞうきんがけをしている手、おねえさんの髪を結ってあげている手、
ドレスをきて手袋をつけている手・・・。
その手が語っている物語が印象的で、何度も何度も
読み返しました。
何度読んでもおもしろい!!
久々に衝撃を受けた絵本でした。
おとなもこどももぜひ読んでほしいと思います。
(スケボウさん 40代・ママ 女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


柴田 ケイコさんのその他の作品

うみのごちそうしろくま / ぽめちゃん / おべんとうしろくま / あま〜いしろくま / おいしそうなしろくま

クゲユウジさんのその他の作品

浦島太郎が語る浦島太郎 / 桃太郎が語る桃太郎



『ぼっちとぽっち くつしたのおはなし』まつばらのりこさん インタビュー

シンデレラが語るシンデレラ

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.15

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット