もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
あいたくなっちまったよ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あいたくなっちまったよ

  • 絵本
作: きむら ゆういち
絵: 竹内 通雅
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年08月
ISBN: 9784591155127

小1・小2
A4変型判  217mm x 265mm  32ページ

出版社からの紹介

おいしそうな子ねずみを見つけたお父さんやまねこ。子ねずみを食べようとしたとき、現れたのは…? 大迫力の「お父さん絵本」!

大迫力の「お父さん絵本」が誕生! 愛する妻と息子の待つ家への帰り道、おいしそうな子ねずみを見つけたお父さんやまねこ。しめしめと舌なめずりをして子ねずみに近づくやまねこの前に、見るからに弱そうなよれよれのお父さんねずみがあらわれます。怯えながらも息子を守ろうとするお父さんねずみの姿を見て、やまねこの気持ちはだんだん変わっていきます……。「こんな父親のさりげないやさしさを、ボクはずっと描きたかったのです」という、きむらゆういち先生。立場の違う2匹の父親の絶妙な気持ちの変化を、少ない言葉でみごとに表現。きむら先生ならではの行間を読ませる筆致で、読者をお話の世界に引き込みます。竹内通雅先生が大胆な構図で描くイラストは迫力満点! やまねこと子ねずみの感情豊かで生き生きとした表情と、お父さんねずみの一見何を考えているのかわからない表情の対比も楽しめます。家族での読み聞かせにぴったりな、ダイナミックかつ繊細な絵本です。

ベストレビュー

父と息子

『あらしのよるに』のきむらゆういちさんが紡ぎだす、父と息子の姿です。
仕事帰り?のやまねこが、子ねずみに出会います。
この子ねずみ、とても威勢がいいのです。
自分の父ちゃんが自分を助けてくれる、と熱弁をふるいます。
でも、現れた父ねずみはどうにも貧弱で、
やまねこは思わず、同情してしまうのですね。
それも、自身が父親であり、自分の息子の姿を重ねたから。
このデリケートなシチュエーション、さすが、きむらゆういちさんです。
加えて、独特の画風で、その心情を描いた竹内通雅さんも見事です。
目に映る親子の姿が印象的です。
やまねこの口調も、このシチュエーションにピッタリ。
まるで映画のワンシーンを見ているような読後感でした。
幼稚園児くらいから共感できると思います。
(レイラさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

きむら ゆういちさんのその他の作品

へんがおあそび / うんどうかいがなんだ! / そのままのキミがすき / あなたなんてだいきらい / されどオオカミ / いもさいばん

竹内 通雅さんのその他の作品

へんてこレストラン / ぶきゃぶきゃぶー / ぐるぐるぐるぽん / うそつきとどろぼうとせいぎのみかた / じごくのさたもうでしだい / ひげなしねこ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

あいたくなっちまったよ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

ママの声 1人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット