まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
こどもってね……
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こどもってね……

  • 絵本
作: ベアトリーチェ・アレマーニャ
訳: みやがわ えりこ
出版社: きじとら出版

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2017年09月
ISBN: 9784908214080

就学前〜
35ページ 31×23.5cm

出版社からの紹介

◆第23回いたばし国際絵本翻訳大賞(イタリア語部門)受賞作品◆

こどもってね、ちいさな ひと。 でも、ちいさいのは すこしのあいだ。 いつのまにか しらないうちに おおきくなる。

こどもってなんだろう? そんな哲学的な問いが名作絵本を生み出しました。

様々なシーンの子どもたちが勢いのあるタッチで大胆に描かれ、子どもの感性がしなやかな言葉でつづられます。作家自らが「代表作」と呼ぶベストセラー絵本、待望の邦訳!

===============
◆◇推薦の言葉◇◆
===============
「おおきな世界をいきている」ちいさなひとたち。
たくさんのいいことを大人は落っことして生きていると、
この絵本を読んで思いました。
もったいないなぁ。
だけど、こどもと大人の境目なんてほんとにあるんだろうか。
     ――高山なおみ(料理家、文筆家)

ベストレビュー

いろんな子どもたち

子どもたちって、大人をどのように考えているんだろう。
思い出で考えるよりも、今の子どもたちにたずねた方が早いですね。
この本にはいろんな子どもたちが登場します。
子どもたちの表情を見ているだけで楽しくなります。
みんな一生懸命子どもをしています。
子どもたちを大切にしなくてはと思いました。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさんの試し読みができます!
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける

ベアトリーチェ・アレマーニャさんのその他の作品

もうふのなかのダニィたち / カール・イブー / ガラスのジゼル



優しく平等な心の大切さを、絵本・映像・音楽で学べる

こどもってね……

みんなの声(4人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット