虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まゆみんみんさん 40代・ママ

すごい!
こちらの絵本,子供が見てももちろんです…
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ペペットのえかきさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ペペットのえかきさん

  • 絵本
文: リンダ・ラヴィン・ロディング
絵: クレア・フレッチャー
訳: なかがわ ちひろ
出版社: 絵本塾出版 絵本塾出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

「ペペットのえかきさん 」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

ジョゼットは、いつでも、どこでも、うさぎのぬいぐるみのペペットと一緒です。
ある日、窓辺の椅子に座っていると、家族全員の絵が飾ってあるのに、
ペペットの絵だけがないことに気がつきました。
「パリで一番上手な絵描きさんを探しにいこうね」
モンマルトルの広場へ出かけたジョゼットとペペットが出会ったのは…。

ペペットのえかきさん

ベストレビュー

個性的な えかきさんたち

 とても魅力的な絵本です。

 普通にストーリーの展開だけを追っても楽しいのですが、絵画や絵画史をちょっと知っている人が見返しから丁寧に見ていくと、「ほうほう」「なるほど・・・」と一歩深く楽しめます。

 著名な画家を思わせるおじさんたちが次々にでてきます。彼らがうさぎのペペットをどのように捉え、どのように描き、どのような絵が現れるのか?そんな画家たちの個性や風貌が面白い。

 さらにパリの街、モンマルトルのざわめきに心躍り、可愛い小さな女の子ジョゼットとペペットの関係に微笑ましさを感じた絵本でした♪どんな画家よりもペペットの魅力を一番ひきだせるのは、もちろんジョゼット!だったのですね。
(なみ@えほんさん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


なかがわ ちひろさんのその他の作品

いつか あなたが おおきくなったら / おおかみのおなかのなかで / クリスマスツリーをかざろう / そらはあおくて / 101ぴきのダルメシアン / プリンちゃんのハロウィン



『語りかけ絵本 どんぐり』こがようこさんインタビュー

ペペットのえかきさん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

パパの声 1人

パパの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット