うまれてきてくれてありがとう うまれてきてくれてありがとう
作: にしもとよう 絵: 黒井 健  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
プレゼントにも喜ばれています。いのちの大切さを伝える1冊
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
なんにもせんにん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

なんにもせんにん

  • 絵本
作: 唯野 元弘
絵: 石川 えりこ
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2017年08月10日
ISBN: 9784790253341

3〜4歳児
縦20.1×横27.6cm、24ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

むかし、ある村に仕事もせず遊んでばかりいる若者がいました。
ある朝、いつものようにぶらぶらしていると、道ばたに壷がころがっていて、中には小さな小さな男が入っています。
か細い声に耳をすますと、「わしゃあ、なんにもせんで、いつもあそんでるもんがすきなんじゃ。おまえさんちにつれてって、いっしょにくらしてくれんか?」と言っているようです。
若者はおもしろがって、壷を持ち帰りましたが…。

村のみんなが汗水たらして働いているのに、つりをしたりトンボをとったり、日暮れまで遊んでいる若者。
一方、遊んで帰ってくるたびに、小さな男はぐんぐんと大きくなり、とうとう家からはみだしてしまいます。寝るところがなくなり、若者は家の外で寝る始末。
そんなとき「稲刈りがいそがしくて手が足りんから、てつだってくれ」と村人から声がかかります。
しぶしぶ働いて、若者が家に帰ると、男がちょっぴり縮んでいて…というおはなしです。

本書は、山口県の民話から生まれた、おはなし絵本。
なまけものの昔話は日本各地にありますが、このおはなしは、若者がなまけるか働くかで、ひろった小さな男が大きくなったり縮んだりするところがユニーク。
『ボタ山であそんだころ』で講談社出版文化賞絵本賞を受賞した石川えりこさんの生き生きとした線、水彩で彩色された絵からは、のんびりしたあたたかな雰囲気が伝わります。
作者の唯野元弘さんは山口県生まれで、昔話の再話に関わる方だけあって、方言のせりふが自然に心地よく響きます。

一日中遊び暮らしても誰にも叱られない若者がうらやましくなりますが、ぐんぐん大きくなる男に家をのっとられては気の毒になるばかり。
一方で、遊び暮らす若者の幸せそうな顔、働いたあとの充実感漂う顔、どれも味わい深い表情です。
さて、もしあなたがこんな壷をひろったら…? 想像するだけでちょっとドキドキしてしまいますね。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

持ち主が「なんにも」しなければしないほど、大きくなっていくという、壷に入った小さな男。持ち主になった若者は、ちょっとしたことから労働の爽快さを知って…。巧みな展開で働くことの大切さを教えてくれる昔話です。

ベストレビュー

働く喜び

なんにもしないで遊んでばかりいる若者ですが、「働く喜び」が経験できて本当によかったと思いました。働かないでぶらぶら遊んでいるのは、やっぱりつまらないです。やっぱり、忙しく働いていた頃が一番楽しかったと思いました。日本民話で、働く喜びが学べるのもよかったです!
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


唯野 元弘さんのその他の作品

さるの はし / みんなで まもった ひなどり / きんいろの しか / そらを あるく しろい ぞう / 日本民話 あたまに かきのき / ふくろうとにわとり

石川 えりこさんのその他の作品

おじいちゃんとおかしな家 / 天の川のラーメン屋 / 流木のいえ / またおこられてん / てんきのいい日はつくしとり / あひる



『あーん』イベント&おうちレポート

なんにもせんにん

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット