話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
ロケット発射場の一日

ロケット発射場の一日

  • 絵本
作: いわた 慎二郎
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2017年07月31日
ISBN: 9784061333307

幼児から
32ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

「野球場の一日」「博物館の一日」に続く、大人気「一日」シリーズの第3弾。
舞台は……ロケット発射場!

登場するのは、鹿児島県にあるJAXAのロケット打ち上げ施設・内之浦宇宙空間観測所。
作者のいわた慎二郎さんがじっくりと取材し、細かいところまでリアルに、正確に、そしてわかりやすく描かれています。

各ページの左上には、時計があります。
最初のページは、朝の6時40分。
イプシロンロケットを打ち上げる1日の始まりです。

ロケットはどんな構造になっているのか、どうやって発射されるのか、そして、ロケットを発射するためにたくさんの人たちがどのように取り組んでいるのか。
この絵本を読んでいくと、ロケットについてたくさんのことを知ることができます。

手に汗握るカウントダウン、そして発射!
見開きで描かれたロケット雲のシーンは圧巻、大興奮すること間違いなし!

私たち大人にとって、「宇宙」「ロケット」というと、ニュースや物語の中だけの遠い世界のことのように感じますが……
今の子どもたちが大人になるころには、もしかすると「海外旅行に行くぐらいの感覚で、みんなが宇宙旅行に行く」というのが当たり前になっているかもしれません。
子どもたちの夢を広げ、ロケットがぐんと身近に感じられるようになる一冊です。

(洪愛舜  編集者・ライター)

出版社からの紹介

ロケット発射場をめぐる楽しい一日を絵本で再現!
内之浦宇宙空間観測所ではたらく管制官の仕事や、ロケットの運搬や組立など知りたかった内容がもりだくさん。『野球場の一日』や『博物館の一日』の作者・いわた慎二郎さんが、打ち上げの管制官への取材も敢行!
宇宙を舞台に働く人々の緊張感あふれる中での仕事の楽しさが伝わる絵本です。
細密な内之浦空間観測所の鳥瞰図、ロケットが宇宙へ向かっていく圧巻の見開きなど宇宙が大好きな子どもたちの関心に応える内容となっています。夏休みの自由研究にもおすすめ。

ベストレビュー

これはとても面白い、ロケットのお話です

私は昔から糸川英夫さんの大ファンです。糸川英夫さんは日本の宇宙開発の父と呼ばれています。私は18才の時、大阪の市民大学講座で糸川英夫さんの講演を聴いたことがあります。そしてロケットに関心を持つようになりました。それだけにこの本は興味深く読ませて頂きました。これはとても面白い、ロケットのお話です。ロケットのことがよくわかると思います。私はこのお話を読みながら、糸川英夫さんがペンシルと名付けられたロケットの実験を推し進められたことを思い出していました。素晴らしい本だと思います。
(水口栄一さん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • たことさる
    たことさる
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    単語の頭とおしりをくっつけると新しい言葉が生まれる!新井洋行の言葉遊び絵本

いわた 慎二郎さんのその他の作品

未来をつくる仕事がここにある 陸送会社図鑑 / 未来をつくる仕事がここにある 通信会社図鑑 / 博物館の一日 / 野球場の一日


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > ロケット発射場の一日

松嶋菜々子さんの朗読で楽しむJ.K.ローリング書き下ろし童話『イッカボッグ』

ロケット発射場の一日

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット