なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
グッチーさん 50代・その他の方

幼児におすすめ
5歳くらいの子におすすめだと思います。…
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
にんぎょうの おいしゃさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

にんぎょうの おいしゃさん

  • 絵本
作: マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵: J.P.ミラー
訳: こみや ゆう
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「にんぎょうの おいしゃさん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年08月04日
ISBN: 9784569786872

4〜5歳から
幼年・小学初級 B5変型上製 28ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

ひげ先生は人形のお医者さん。人形たちに呼ばれると、いつでも小さなバッグをもってかけつけます。
木の兵隊さんが病気になったときも、テディ・ベアが転んで鼻血を出したときも、消防士の人形が足を折ったときも…。
シロップを飲ませたり、はちみつ味ののどアメをあげたり、添え木をしてあげたり。

赤い縦縞のシャツに蝶ネクタイ。ツイードの上下に、黄色いチョッキ姿がかわいらしいひげ先生は、どんなときも快く親切に人形たちの面倒を見てやります。
はしかと、おたふく風邪と、みずぼうそうと、百日咳にいっぺんにかかってしまって外に出られないピエロの人形には、毎日りんごを届けてあげたんですよ!
人形たちは、みんな、ひげ先生を頼りにしています。
ところが、ある日、ひげ先生が風邪を引いてしまったからさあたいへん…!?

『おやすみなさい おつきさま』など名作絵本を描いたマーガレット・ワイズ・ブラウンが文章を書き、あたたかく懐かしい感じの絵をJ.P.ミラーが描いています。
まるで『ガリバー旅行記』のガリバーのように、大の字で倒れたひげ先生のまわりに、人形たちが集まって、あれやこれやと世話をする姿の、ユーモラスなこと。
先生の熱をはかろうとしたり、のどをライトで照らそうとしたり…、消防士が先生のひざをたたいてみて、足があがるかを試しているのもご愛嬌。
人形たちは、ひげ先生にしてもらったことを、同じようにしてあげているのですね。

「びょうきになったら、でんわだよ。はやく、はやく! それであんしん、もうだいじょうぶ!」
ひげ先生がいたら、どんな人形も、きっと安心。
本書を読む子どもは、人形たちに心を寄せ、お話の世界に入り込むのではないでしょうか。
ほっと安心する子どもの幸福感が、じんわり伝わってくるような絵本です。

本書は、翻訳家の小宮由さんが選ぶ「おひざにおいで」シリーズの1冊。
親子でじっくり絵とお話を楽しめる、良書を集めたシリーズです。
同じくマーガレット・ワイズ・ブラウンが作者に名を連ねる、『まるぽちゃ おまわりさん』もあわせて読んでみてくださいね。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

にんぎょうの おいしゃさん

にんぎょうの おいしゃさん

出版社からの紹介

ひげせんせいは、にんぎょうのおいしゃさん。けがや病気のにんぎょうたちによばれると、小さなバッグをもってかけつけます。心優しいひげせんせいとにんぎょうたちのやりとりが、ユーモラスでかわいらしい翻訳絵本。翻訳家であり家庭文庫を主宰するこみやゆう氏が、子ども達に自信をもって薦められる良書絵本をあつめた「おひざにおいで」シリーズ第2弾!

 木の兵隊さんが、病気になってしまいました。ひげせんせいは、バッグから聴診器をとりだし、心臓の音をききます。もちろん、にんぎょうに心臓はありませんが、にんぎょうたちが安心するのです。テディベアが鼻血を出してしまいました。ひげせんせいは、ベッドにねかせて、手をにぎってやりました。ときには、インフルエンザの予防接種もしてあげます。そうすると、にんぎょうたちは、冬の間、元気にすごすことができるのです。ところが、ある日――なんと、ひげせんせいが風邪をひいてしまったのです……。

ベストレビュー

病気のときは、、、

おもちゃが病気のときは、鼻血とかたいしたことないものでも、このお医者さんが呼ばれて走っていき、治療します。

ずいぶんあれこれ治してますが、医者に監修してもらったほうが良かったと思います。

最後は医者が風邪をひいて倒れます。世話になったおもちゃたちが、今度は同じことをして(全く関係ない病気の検査まで同じことをして)、治りますよ、、、という雰囲気をつくります。ハートがあたたまる作品でした。

なかなか良かったと思います。
(えみりん12さん 40代・ママ 女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

マーガレット・ワイズ・ブラウンさんのその他の作品

まるぽちゃ おまわりさん / ことりのおそうしき / 子どものための ラ・フォンテーヌのおはなし / たんじょうび おめでとう! / ぼくつかまらないもん! / どうぶつたちはしっている

J.P.ミラーさんのその他の作品

ジングルベル / すてきなおうち / しあわせなおばあちゃま

こみや ゆうさんのその他の作品

あおいジャッカル / マスターさんとどうぶつえん / ねむれない おうさま / パンタロンとケーキやさん / どうぶつたちのクリスマスツリー / あくたれラルフのハロウィン



『BigBook ふしぎのくにのアリス』 <br>藤本真央さんインタビュー

にんぎょうの おいしゃさん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット