くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
こんやはてまきずし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こんやはてまきずし

  • 絵本
作: 五味 ヒロミ
絵: 石井 聖岳
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年08月
ISBN: 9784265081523

幼児

関連するスペシャルコンテンツ


【連載】『こんやはてまきずし』五味ヒロミさんインタビュー

出版社からの紹介

ユーモアいっぱい。家族で手巻き寿司!
いただきまーす! あたしはサーモン。けいたはイクラばっかり食べている。おばあちゃん、いかとたこで迷うのはいいけどよくとかんでね。
どんどん巻くよ! 今夜は手巻き寿司。

ベストレビュー

手巻き寿司が食べたくなっちゃう!

本屋さんでこの表紙を見た時、思わず美味しそうでお寿司が食べたい気分になりました。
表紙だけで、これだけのインパクトってすごいですね。

絵本の内容も裏切りません。
間違いなく読み終えた後は、今晩のメニューは手巻き寿司にしようかしら?と思ってしまいます。

サーモンにまぐろに・・いくらばかり食べる弟に鶏のたまごにしなさいという家族。
いくらは高いという庶民的な目線でのセリフも好感が持てます。
いかとたこに悩むおばあちゃんにはよく噛んでねというアドバイス。

手巻きの上手な巻き方までさりげなく教えてくれます。

一般的な家庭の楽しそうな団欒の手巻き寿司の風景が描かれていて親近感が持てました。

スペシャルな手巻き!これもなかなか実際には出来ませんが一度やってみたいなー!!

間違いなく子どもに手巻き寿司をリクエストされそうな一冊です。
(Pocketさん 40代・ママ 女の子15歳、男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


五味 ヒロミさんのその他の作品

おいしい まんまるさん

石井 聖岳さんのその他の作品

たんじょう会はきょうりゅうをよんで  / おともだちできた? / だんご屋政談 / ことばあそびレストラン / みんなのおばけ小学校 / のってる のってる



「あかちゃんがよろこぶしかけえほん」シリーズ インタビュー!

こんやはてまきずし

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット