くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
おさるのよる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おさるのよる

  • 児童書
作・絵: いとう ひろし
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年06月26日
ISBN: 9784061996175

A5/88ページ

出版社からの紹介

デビューから30年の節目となる絵本作家、いとうひろしさんの新作。「おさる」シリーズの記念すべき10作目です。
 「おさるシリーズ」は1991年の『おさるのまいにち』以来、20年間にわたって親しまれてきたロングセラーです。路傍の石幼少年文学賞、国際アンデルセン賞国内賞、産経児童出版文化賞、野間児童文芸賞を受賞するなど、非常に高い評価を得てきました。
 
 今回のテーマは「昼と夜」です。夜中に目覚めたおさるが、ふだん感じることのない夜の長さに気づきます。
 そして、実は自分がここにいるのが特別なことで、真っ暗で「なにもない」ことが普通なのではないか…と、思索をひろげていきます。
 やさしい表現で、深い思想にふれる、「おさる」シリーズらしい新作です。

【内容紹介】

 ぼくは おさるです。
 みなみの しまに すんでいます。
 ぼくは この しまで、まいにち たのしく くらして います。
(中略)
 きょうも おひさまと いっしょに めを さまし、
 それから……。
 あれれ、ちょっと へんです。
 あたりは まっくら。
 おひさまが のぼって いません。
 ちょっと はやく おきすぎました。
 ぼくは、おひさまが のぼって くるのを まちました。
(本文より)

※漢字は使用していません

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

いとう ひろしさんのその他の作品

ルラルさんのえほん(8) ルラルさんのだいくしごと / へんたこせんちょうとくらげのおうさま / もとこども / さいごのひみつ / ミニブック おやすみゴリラくん(ボードブック) / ルラルさんのえほん(7) ルラルさんのぼうえんきょう



ミキハウスの「宮沢賢治の絵本」シリーズ  とことん語ろう!座談会

おさるのよる

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット