なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
聴導犬くんれん生 ふく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

聴導犬くんれん生 ふく

  • 絵本
作: 鈴木 びんこ
出版社: 新日本出版社

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年03月
ISBN: 9784406060882

A4変型判上製 32P

出版社からの紹介

ふくは、大地震と津波、原発事故で人間が住めなくなった福島の町で保護されました。縁あって聴導犬くんれん士のれなさんと出会い、くんれん生になったのです。耳の不自由な人の生活をおてつだいするのが聴導犬の仕事です。人なつっこくて、大きな音にも動じないふくですが、はたしてぶじ聴導犬になれるでしょうか――。

ベストレビュー

つづきが楽しみです♪

被災地で保護された子犬が聴導犬としてのスタートを切るまでのお話。
聴導犬になってからのお話ではなく、この、「スタートを切るまでの」お話というところがポイントですね。
震災後の街が復興していく道のりと重なり、考え深かったです。私たちが普段、新聞やテレビで目にするのは復興途中にある被災地の状況や人々の様子。でも、本当は復興のスタート地点に着くまでの苦悩、試行、努力があるわけですよね。。そのことが、トレーナーのれなさんから子犬ふくへの粘り強いトレーニング描写から読み取れ、諦めずに根気強く続けていくことの大切さを教えてくれました。

また、誠に恥ずかしながら、この本を通して初めて「聴導犬」の存在を知りました。盲導犬はよく聞くようになっけど、聴導犬?と、最初はハテナでしたが、調べてみると日本では2016年時点で70頭に満たないんだとか。まだまだ認知度は低く、存在自体の概念さえ無い方が私以外にもいらっしゃるのではないかと思います。この本から、聴導犬の存在そして世間の理解という本当のバリアフリーが拡がるといいなぁ、と思います。

是非、ふくがカッコいい聴導犬になった姿も描いてほしいです(^^)
(いちなさん 30代・ママ 男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


鈴木 びんこさんのその他の作品

てがみのひみつ / オムレツ屋のベビードレス / いちごケーキはピアニッシモで / 5年2組横山雷太、児童会長に立候補します! / すてもる / サンドイッチの日



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

聴導犬くんれん生 ふく

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット