ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

マンモスのみずあび

マンモスのみずあび

  • 絵本
作: 市川 里美
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,540

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

【重要】取り寄せのお届け日について
  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2017年08月10日
ISBN: 9784776408109


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

物語の舞台はインド。

主人公の少年・アプーズのパパの仕事は、村のお寺で飼われているゾウのお世話をすることです。
アプーズも毎日パパのお手伝いをしていて、今ではゾウと大の仲良し。「マンモス」とあだ名をつけて呼んでいました。

ある日、アプーズは1人でマンモスを連れて川へ水浴びにいくことになりました。
すっかり綺麗に洗った後、夢中で水のかけあいっこをしていたら、気がつくと空がまっくらに。
「わっ、モンスーンだ、おおあめだ!」

辺りは川のように水でいっぱいに。
アプーズとマンモスは無事に帰ることができるのでしょうか……?

著者の市川里美さんは、パリに住まいを置きながら世界中を廻る「旅する作家」。そして、いろんな土地の「日常」を絵本で描いています。
これまでも、アンデスの山、砂漠の村、オマーンの山のふもとなどを舞台に描き、本作では、インドの村で暮らす少年の日常が、みずみずしく描かれています。

少年・アプーズは8歳。
日本で生まれ育つ子どもたちは、8歳というと「小学生で、学校へ行ってお勉強して、公園で遊んだりテレビを観たりゲームをしたり……」そんな日常が、当たり前かもしれません。
でも、世界にはいろんな暮らしがあり、いろんな日常を送っている子どもたちがいる。

マンモスの産毛に頬を寄せたり、川でマンモスの身体をごしごしと洗ってあげたり……
この絵本に描かれるアプーズの日常はとても生き生きと、魅力的に映ります。
世界中のいろんな文化、いろんな暮らし、いろんな人々に出逢える、市川里美さんの絵本。
ぜひ、他の作品もご覧になってみてくださいね!

(洪愛舜  編集者・ライター)

出版社からの紹介

アプーズのパパは、おてらのゾウのせわをするのがしごとです。アプーズはゾウとだいのなかよし。マンモスというあだなをつけて、まいにち、パパのおてつだいをしています。ある朝、パパにかわって、マンモスを川でみずあびさせることになったアプーズですが、大雨がふりだして…。

ベストレビュー

動物たちを救出

インドのアプーズ少年のお話。
同じ8歳のゾウを、パパと一緒に世話しているのですね。
「マンモス」というあだ名をつけて、自分よりはるかに大きいゾウと戯れる姿がほほえましいです。
ある日、一人でマンモスの水浴びの世話をすることになりますが、
立派に手順に従ってする姿が頼もしいです。
ところが、モンスーンで大雨に。
ここで、動物たちの救出もやってのけるのが、カッコイイです。
サル、クジャク、コウモリ、トラ。
このラインナップにも驚きです。
何ともダイナミックな光景。
世界を旅する市川里美さんが紡いだだけに、とてもリアルに感じられます。
(レイラさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

市川 里美さんのその他の作品

しっかりママにつかまって! ボルネオ島のおはなし / カイマンのダンス アマゾンのおはなし / こうまのマハバット / メリークリスマス-世界の子どものクリスマス- / ぼくの島にようこそ! / なつめやしのおむこさん



舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」公開記念インタビュー藤原竜也さん

マンモスのみずあび

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット